【今週の決戦】女子ゴルフ 稲見萌寧 vs. 古江彩佳の賞金女王争い 最終戦決着をリコーカップ順位別獲得金額で占う

稲見萌寧(C)Getty Images

女子ゴルフ国内トーナメントツアーは新型コロナウイルスの余波により2020年と2021年が統合されるという異例のシーズンとなった。その最終戦が今日25日開幕。大会は制限付きながら、2年ぶりに有観客で開催となった。

国内女子メジャーは「JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」がその決戦の舞台(宮崎県・宮崎CC、6543ヤード、パー72)。

賞金女王争いも長いシーズンの最終戦で決着となる。今季9勝で現在、賞金ランキング1位の稲見萌寧と6勝で2位の古江彩佳の差は1696万8474円賞金総額1億2000万円優勝賞金3000万円の今大会で、逆転はあるのか。

◆【一覧】2020~21年国内女子 年間獲得賞金ランキング

SPREAD編集部では、ここに順位による賞金獲得額を算出。暫定的に20位までの獲得賞金を下記の表に示した。古江が逆転するためには最低でも単独2位以上になる必要があるものの、その結果により、賞金額がどう変わるのか、稲見の順位次第の目安として欲しい。なお、順位がタイとなった場合は獲得賞金額に変動がある。

大会では、この2人に割って入るのが原英莉花。前大会では完全優勝、前週「大王製紙エリエールレディスオープン」でも勝ち名乗りを挙げており、2人の女王争いにどんな影響を与えるかも見ものだ。

◆賞金女王の称号は誰の手に? 国内女子ツアー最終戦がスタート

◆2週連続Vと大会連覇を目指す原英莉花 好相性の宮崎で「攻める姿勢を貫き続けたい」

◆涙の復活V 原英莉花を支えた師匠・ジャンボ尾崎のアドバイス

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします