【今週の決戦】阪神最短Vは14日か…伝統の一戦“三塁手対決”「佐藤輝明 vs. 坂本勇人」に要注目

 

【今週の決戦】阪神最短Vは14日か…伝統の一戦“三塁手対決”「佐藤輝明 vs. 坂本勇人」に要注目

12日から、阪神甲子園球場で阪神タイガース読売ジャイアンツの3連戦が行われる。

阪神は9月負けなし8連勝で、貯金33の優勝マジック「5」。対する巨人は貯金「2」のセ・リーグ4位。今季対戦成績では阪神が14勝5敗1分けと圧倒しているが、今カードのゆくえは果たして。

◆“サード”坂本勇人の打率が4割超え! サードへのコンバートにも坂口智隆氏「坂本選手なのでやってくれる」と野球センスに太鼓判

■V間近の阪神、最短は14日

最短Vが14日の阪神は、佐藤輝明に注目したい。

今季114試合に出場して、打率.244、18本塁打、72打点と振るわないが、8月24試合で打率.300、3本塁打、16打点とシーズン前半戦の不振から脱出すると、9月も好調をキープし、ここまで8試合で打率.310、3本塁打、9打点と快音を残している。新人年から3年連続での20本塁打まで「あと2本」としており、甲子園でも豪快なアーチを放ってチームを本拠地胴上げに導きたい。

対する巨人では、坂本勇人に注目だ。

今季99試合に出場して打率.294、18本塁打、48打点。こちらも開幕直後の不振、さらに故障も乗り越え、8月の26試合で打率.318、5本塁打、12打点をマークすると、9月の7試合では打率.346、3本塁打、5打点とさらに調子を上げている。7日から4試合連続サードでスタメン出場しており、守備面でも注目。自らのバットで、まずは目の前での優勝を阻止したい。

阪神の優勝はすでにカウントダウンに入っているが、巨人にとっては3位・横浜DeNAベイスターズと1.5ゲーム差とCS争いの渦中にある。意地のぶつかり合いとなる伝統の一戦で「佐藤vs.坂本」の対決が、試合の行方を大きく左右するはずだ。

◆“サード”坂本勇人の打率が4割超え! サードへのコンバートにも坂口智隆氏「坂本選手なのでやってくれる」と野球センスに太鼓判

Advertisement


◆NY放送局が「ヤンキースやメッツ」の獲得参戦を予想 DeNA今永昇太がポスティングでメジャー挑戦へ

◆ヤクルト石川雅規救援登板の謎 先発投手「通算200勝達成プロジェクト」のひと幕か…

提供●Baseball Times