今井月、国体200m平泳ぎ2連覇に充実感「23秒台を出せたことが素直に嬉しい」

競泳女子の今井月選手がインスタグラムを更新。第73回国民体育大会「福井しあわせ元気国体2018」に出場し、好タイムを記録したことを喜んだ。

今井選手は、競泳の少年女子A200m平泳ぎで2分23秒50をマークし、同種目で2連覇を達成。

「国体終了 今年も楽しかった 1番は200平泳ぎで3年ぶりに23秒台を出せたことが素直に嬉しい やっぱりブレが1番好きかなー笑」と喜びを綴った。

また、「愼之助と少年のキャプテンをやらせてもらってお互いちゃんと優勝することが出来て良かったです」とコメントを添え、競泳男子の石川愼之助選手との2ショットを公開した。

4枚目では、同大会に出場した池江璃花子選手らと撮った写真も公開している。

国体を終えた今井選手に対して、ファンからは労いの声などが寄せられていた。

  • 月ちゃんおつかれさま これからも頑張ってね 優勝おめでとう!!!
  • 家族で生ルナを見て、感動してました!お疲れ様でした!
  • お疲れさまでした おめでとうございます 大学生になっても、またガイシプールにも遊びに来てください

池江璃花子とは久々の再会

池江選手とは久々の再会だったようで、国体前には「ついに会えたお久しぶりきゃこ」とコメントを添え、2ショットを4枚公開。

笑顔で抱き合うお二人の様子からは、親しい仲であることがうかがえる。

池江選手は、同大会の少年女子A100m自由形で2連覇。大会新記録を記録するなど相変わらずの強さを見せつけた。

東京五輪へ向け、両選手のさらなる進化に注目だ。

≪関連記事≫

今井月、インターハイのメドレーリレー優勝を報告「みんなと最後まで闘いきれてほんっとうに幸せ」

今井月、高校の仲間達と3ショット…「いつも一緒にいて姉妹みたいです」とファンの声

今井月、仲間たちとの”まさに青春”なオフショットを公開「#大好きな人たち」

今井月、兄妹ショットに「似てる!」の声…同じアスリートであり水泳選手の兄

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします