「アスリートイメージ評価調査」2021年総括特別編、総合では池江璃花子や羽生結弦がランクイン 1位はあの選手……

羽生結弦 (C)Getty Images

広告代理店の株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(HDY)は16日、広告やCMに起用する際の指標となる「アスリートイメージ評価調査」の総括特別編を発表した。

HDYは子会社である博報堂DYスポーツマーケティングおよびデータスタジアムの協力を得て、アスリートの認知度、好感度などを含む独自の29項目を設定しイメージを評価。首都圏と京阪神圏に在住の15歳から69歳までの男女に対し11月下旬にWEB調査を行い、有効回収サンプル数600からランキングを作成した。

◆【完全版】大谷、羽生、池江もランクイン 「アスリートイメージ評価調査」全11カテゴリーのランキング一覧

■「爽やかな」「親しみやすい」など独自視点のランキングも

ランキング項目は、今年活躍した男性アスリート、今年活躍した女性アスリート、来年活躍が期待できる男性アスリート、来年活躍が期待できる女性アスリートほか「爽やかな」アスリートや「親しみやすい」アスリートなど、広告代理店ならではの独自の視点からランキングが組まれている。

アスリートならではのランキングとして、「テクニックがある」アスリートでは、1位がマジョルカの久保建英、2位にロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平、3位はバドミントンの桃田賢斗、4位がフィギュアスケートの羽生結弦、5位に卓球の伊藤美誠と体操の橋本大輝が並んだ。アスリートにとって、実はもっとも評価を期待したい項目で、久保が堂々の1位となった点に着目したい。

また「リーダーシップがある」アスリートでは、1位にサッカー日本代表の吉田麻也、2位には東京五輪金メダリスト・ソフトボールの上野由岐子、3位は体操の内村航平、4位が卓球の水谷隼、5位に石川佳純が入り、オリンピックイヤーならでは結果と見ていいだろう。

「総合ランキング」においては、こうしたアスリートに加えて、大坂なおみ八村塁など世界で活躍するアスリートがやはりランクイン。数多くの実力者を抑え、1位には大谷、2位には羽生、3位の水泳の池江璃花子がTOP3を形成した。

「アスリートイメージ評価調査」2021年総括特別編 全11カテゴリー結果一覧

男女別も設定された全11カテゴリーにおいて、5カテゴリーで大谷が1位を獲得。MLBで投打に大車輪の活躍を見せた「世界の大谷」が、ここ日本でももちろん絶対的な存在感を見せたかたちだ。

◆【完全版】「爽やかな」「親しみやすい」など独自ランキングも要注目 「アスリートイメージ評価調査」全11カテゴリーの結果一覧

◆なぜ大谷翔平は「世紀の野球選手」なのか 米メディアが“二刀流経験者”による評価を交えて考察

◆羽生結弦ら6選手、米NBCスポーツが挙げた「日本で史上最も五輪で活躍した選手」に

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします