【東海S/穴ライズ】想定単勝オッズ“2桁”の巻き返し 「近走の惨敗は参考外」

 

【東海S/穴ライズ】想定単勝オッズ“2桁”の巻き返し 「近走の惨敗は参考外」

1着馬にフェブラリーSの優先出走権が与えられる東海Sは、過去10年で1番人気が【5-0-3-2】と好調。中央競馬唯一の「ダートGII」ということもあり、ホッコータルマエやコパノリッキー、インティなどGI実績馬の好走も目立つが、一方で2、3着に穴馬が入線するなどヒモ荒れも少なくない。

2018年には単勝1.3倍の断然人気に推されていたテイエムジンソクが勝利するも、2着に単勝100.7倍の13番人気・コスモカナディアンが入り、1→13→6番人気の決着で3連単は4万9170円を記録した。

ヒモ荒れを演出した2018年の2着馬コスモカナディアン(13人気)、12年の3着馬サイレントメロディ(11人気)は過去に地方交流重賞やGIIIで好走実績があったものの、近走の着順やレースの格を嫌われて人気を落としていた傾向にあった。つまり、これまでの実績やレース内容の見極めが「穴馬」発掘のポイントとなる。

◆【東海ステークス2022予想/穴ライズ】距離延長で“新味”の盲点 好条件で「穴をあける気配」

■スワーヴアラミス

昨夏、オープン特別・エルムS、GIII・マリーンSと連勝を飾り、前走のチャンピオンズCに駒を進めるもレースでは気難しさを出してしまい、後方から脚を使うだけの8着といった結果だった。

ダート転向後は先行する競馬が板につき、重賞2勝を挙げる活躍を見せてきた馬だが、近走は後方からの競馬が続いている。しかし、ゲート内での駐立が悪くなく、スタート後に躓いた2走前のみやこS、発馬でアオった前走のチャンピオンズCの2走は度外視でいい。

夏でこその馬という印象もあるが、1~3月の成績も【2-3-1-2】と複勝率は60%を超える。さらに鞍上の松田騎手も先日の日経新春杯で9番人気のヤシャマルを3着に導いているだけに、人馬ともに好走の下地はある。波乱の立役者となる公算は高い。

◆【アメリカジョッキークラブカップ2022予想/危険な人気馬-前編】2強の一角は“消し” 春の長距離路線を占う一戦で「買うべきではない」1頭とは

◆【アメリカジョッキークラブカップ2022予想/危険な人気馬-後編】高配当メーカーの穴馬に再度注目 中山最終週の馬場で「また波乱を演出する可能性も」

Advertisement


◆【アメリカジョッキークラブカップ2022予想/穴馬アナライズVol.2】単勝“6人気”以下の惑星 実績不足をカバーする「コース巧者」

▼UMAJINチャンネル「必勝!岡井塾-AJCC&東海S編」

著者プロフィール

山田剛(やまだつよし)●『SPREAD』編集長
元・競馬月刊誌の編集長で、現在はスポーツの未来を読みとくメディア『SPREAD』の編集長。1995年マイルCSの16番人気2着メイショウテゾロの激走に衝撃を受けて以来、穴馬予想を追求し続けている。「ウマ娘」はゴールドシップ推し。