【AJCC/穴ライズ】単勝“6人気”以下の惑星 実績不足をカバーする「コース巧者」

アメリカJCCは過去10年、1番人気は【3-3-0-4】と馬券内率60%を誇る。1番人気は5年連続で連対中と、穴党の出番が少ないレースに思えるが、2019年には単勝1.7倍で1番人気のフィエールマンが2着に敗れ、単勝38.5倍の7番人気シャケトラが制して、3連単は12万3550円の波乱となった。

今年は前年・菊花賞2着のオーソクレースが参戦。しかし、菊花賞組は【1-3-0-4】と取りこぼしも多く、今年も付け入る隙はあると見た。

狙いは、中山・非根幹距離のコース巧者。前述のシャケトラも日経賞勝ちがあり、有馬記念で0秒5差の6着と中山の非根幹距離を得意としていたように、中山芝2200mというトリッキーな舞台ではコース適性が重要となる。今回はコース適性を重視した「穴馬」3頭をピックアップしていく。

◆【アメリカジョッキークラブカップ2022予想/穴馬アナライズVol.3】想定オッズ“30倍”以上の伏兵 前走完敗から「巻き返し必至」

■スマイル

3勝クラスの迎春Sを勝利してここに臨むスマイル。出走馬14頭のうち前走が条件クラスだったのはこの馬を含め2頭のみといささか格下感があるものの、中山芝2200mはこれまで【3-0-1-1】と好相性だ。実績不足を十分補うほどのコース巧者である。

前走の迎春Sは、先団外めでうまく流れに乗ると、直線坂下で先頭に躍り出てそのまま押し切る強い内容。勝負どころでのペースアップにもなんなく対応できていたし、鞍上からのゴーサインにもスッと反応してみせた。よほどこのコースが合うのだろう。さらに約半年ぶりの実戦だっただけに、今回は大きな上積みも見込めそうだ。

前回はルメールが騎乗したが、今回は初コンビとなる田辺騎手にスイッチする。同騎手は2015年と2014年のアメリカJCC勝ちに加え、同条件のセントライト記念も2勝しているように中山芝2200mの勝ち方を知り尽くしているジョッキーのひとり。心強いパートナーを背に波乱を巻き起こす。

▼その他穴ライズ

◆【穴馬アナライズVol.1】惨敗続きの“盲点”に好機 久々に適鞍で「ここが復活の舞台」

【AJCC/穴ライズ】惨敗続きの“盲点”に好機 久々に適鞍で「ここが復活の舞台」

◆【穴馬アナライズVol.3】想定オッズ“30倍”以上の伏兵 前走完敗から「巻き返し必至」

【AJCC/穴ライズ】想定オッズ“30倍”以上の伏兵 前走完敗から「巻き返し必至」

アメリカジョッキークラブカップ2022予想コラム一覧

▼穴馬予想

◆【危険な人気馬-前編】2強の一角は“消し” 春の長距離路線を占う一戦で「買うべきではない」1頭とは

◆【危険な人気馬-後編】高配当メーカーの穴馬に再度注目 中山最終週の馬場で「また波乱を演出する可能性も」

▼追い切り診断
◆【S評価】オーソクレースを上回る「S」評価 「戦闘モード」で能力全開

◆【A評価】キングオブコージに高評価「A」 前走からの上積みで「復帰後いちばんのデキ」

◆【A評価】前走惨敗の伏兵馬に高評価 「狙い通りの仕上がりで臨める」

◆【B評価】実績上位の人気馬に辛口評価 集中力は上々も「まだ万全とは言い切れない」

▼データ予想
◆【騎手データ】高配当狙いならルメール「2着固定」推奨、注目は条件合致で“連対率50%超”のベテラン

◆【データ攻略-前編】有力馬に「馬券内率100%」の追い風 得意条件替わりで巻き返し

◆【データ攻略-後編】推定オッズ50倍前後の盲点 条件替わりで「3-4-0-1」の好成績

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】菊花賞2着のオーソクレースは7枠11番 連対数トップの「5枠」には伏兵馬が入る

◆【血統傾向】距離延長で一変の血統構成 単回収値「314%」の重賞馬に“買い”のジャッジ

◆【脚質傾向】「先行」が6年連続勝利中、上位人気に“V圏外”の不安要素

◆【前走ローテ】好成績組が不在で“混戦” 「過去15頭が馬券内」の距離別データに着目

◆【人気傾向】「5年連続連対中」の1番人気を素直に信頼も、警戒すべきは単勝回収値「532%」の伏兵

▼UMAJINチャンネル「必勝!岡井塾-AJCC&東海S編」

著者プロフィール

山田剛(やまだつよし)●『SPREAD』編集長
元・競馬月刊誌の編集長で、現在はスポーツの未来を読みとくメディア『SPREAD』の編集長。1995年マイルCSの16番人気2着メイショウテゾロの激走に衝撃を受けて以来、穴馬予想を追求し続けている。「ウマ娘」はゴールドシップ推し。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします