【プロ野球/パ・リーグ新人王予想】投手は西武の隅田知一郎が有力候補 野手は“BIGBOSS”が絶賛のあの選手に注目

昨季は高卒2年目の宮城大弥が受賞したパ・リーグ新人王。今季は西武の隅田知一郎、オリックスの野口智哉などが有力候補となる。

ここでは、新人王の資格を保有しており、今季ブレイクする可能性がある選手を紹介する。

◆【セ・新人王予想】巨人の158キロ右腕ら注目選手が勢揃い 野手はあの大砲候補に期待

■今季も投手が新人王になるか

新人王最有力候補の声が高いのが、西武ドラフト1位入団の隅田知一郎。西日本工大出身で4球団が競合した左腕は練習試合、オープン戦で結果を残して開幕ローテ入りが確定。140キロ台後半の速球に、チェンジアップ、スライダーなど6種類の変化球も切れ味抜群で1年目から2ケタ勝利も期待される。

その隅田のライバルとなり得る投球を見せているのが、同じ西武の佐藤隼輔。筑波大からドラフト2位で入団したサウスポーは、2年時に日米大学野球の代表に選ばれ、森下暢仁(現広島)や伊藤大海(現日本ハム)らとともに優勝に貢献した。先発左腕が不足するチーム事情も重なり、同チーム内での新人王争いとなる可能性もありそうだ。

一方、野手で高評価を得ているのが、関西大からオリックスにドラフト2位入団した野口智哉だ。関西学生リーグで通算100安打を記録した打撃は長打力も兼ね備え、遊撃で紅林弘太郎とのレギュラー争いを制すれば、2年連続で同チームからの新人王も現実味を増す。

さらにロッテに入団した投打の即戦力候補も評価が高い。三菱自動車倉敷オーシャンズから3位で入団した廣畑敦也は、150キロ超の速球と多彩な変化球が武器。先発、リリーフ両方に適性があり、幅広い起用が期待できる。2位の池田来翔は地元・千葉県出身の二塁手。二塁には不動のレギュラーである中村奨吾がいるが、オープン戦では1番で起用されて結果を残しており、新人王争いのダークホース的な存在となる。

また、JR四国から日本ハムにドラフト3位で入団した水野達稀は、堅守に加えて打撃でもアピールに成功し、石井一成、中島卓也など激戦区となっているショートでも存在感を放っている。オープン戦での活躍を“BIGBOSS新庄剛志新監督が自身のSNSで絶賛しており、開幕スタメンも日に日に現実味を増している。

2年目以降の選手で注目したいのが、昨季ファームでタイトルを獲得した3人。西武の渡部健人は21年のドラ1で、1年目から19本塁打、64打点でイースタンリーグの二冠王に輝いた。楽天の高田孝一は、20試合の登板でリーグトップの95奪三振を記録した。即戦力と期待された投打の2人が、2年目の今季、一軍でその力を発揮できるか。最後にもう一人、昨季10勝をマークしてイースタンリーグの最多勝に輝いたロッテの森遼太郎は、右ヒジの故障など育成での4年間を経て、今季から支配下登録となった右腕。新人王の資格ぎりぎりとなるプロ5年目に、一軍でのブレイクを目指す。

◆ファーム2冠の巨漢大砲や“ゴジラの後継者”に期待 2022年のブレイク野手候補一覧

◆奥川恭伸や宮城大弥に続く“期待の星”は誰だ? 2022年のブレイク投手候補一覧

◆“BIGBOSS”就任の日本ハム 「新庄マジック」で課題である打撃陣の覚醒なるか

記事提供:ベースボール・タイムズ
データ提供:野球DB


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします