【WTA】BNPパリバ1回戦突破に見る現代テニス進化の速度と大坂なおみの適応力

BNPパリバ・オープンで初戦突破を果たした大坂なおみ(C)ロイター/USA TODAY Sports

大坂なおみがコートに戻ってきた。

全豪オープンから約6週間を経て、「第2のグランドスラム」とも呼ばれるBNPパリバ・オープンの1回戦に登場した。

1回戦の相手は、元世界3位で2017年の全米オープン覇者でもあるスローン・スティーブンス(米国)。先月末にアクロン・サポパン・オープン(WTA250)で2018年以来となる4年ぶりのツアー優勝を果たし上り調子だ。対する大坂は、全豪敗退後に大きくランキングを落としたことからノーシードでの挑戦になり、どのような試合が繰り広げられるかと注目が集まった。「

◆【実際の映像】強風に苦しみながらも逆転で初戦突破 勝利を決めた大坂なおみが笑顔で観客に応えるシーン

■風が渦巻くスタジアムで神経を尖らせる一戦

第1セットの滑り出し、いきなりダブルフォルトとした大坂は、キープに失敗しわずかな緊張感が走ったが、すぐさまブレークバックに成功。ラリーのなかで上手くペースを生み出すスティーブンスに対し、攻め急ぐことなく、がっちりとストローク戦で組み合い3-1とリードを奪った。このまま勢いに乗りたかったが、この日は空中でボールが揺れるほどスタジアムを風が渦巻き、両者ともいつも以上に神経を尖らせる試合となった。

その突風は大坂に打点のズレを強い、それがゆえにスイングに迷いが出てきたことでミスに繋がっていった。あまりにも強い突風だったため、大坂がバランスを崩し打球はネットの下段に飛んでいくことさえあるほどだ。

ミスの原因は他にもあった。そこには現代のテニスのベースにある「アップテンポな展開」も大きく関わっていた。今のテニスゲームの中心軸には「相手の時間を奪う」戦略がある。それに加え、テニス・ギアの開発の進歩により年ごとに今まで以上にパワーショットを実現できるようにもなっており、選手たちの攻撃力は増すばかりだ。

2018年のこの大会でツアー初優勝を成し遂げた際の大坂のテニスと今のテニスを見比べても、打球の速度はもとより、ボールを捉えるタイミングが一段と早くなり、ベースのポジションも上がっていることは一目瞭然。4度のグランドスラムタイトルを持つ大坂も、常に時代の流れのなかで自身のテニスを適応させていることが分かり、今回は強風の中で「相手の時間を奪う」という戦略を実行するのに手こずっているように見えた。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします