【WTA】現代のテニスを進化させた次の「絶対女王」アシュリー・バーティ突然の引退とその理由

引退発表をしたアシュリー・バーティ(C)Getty Images

なぜ、今……」。

そう投げかけられるタイミングで引退できる選手も多くはないだろう。数日前、世界No.1のアシュリー・バーティ(オーストラリア)が現役引退の決意を表明した。その意志は固く、現在、開催されているマイアミオープン(ATP/WTA1000)の翌週には彼女の名前は世界ランキングから失効される。

◆【実際の動画】ダブルスでも組んだ親友のケーシー・デラクアに助けなれながら引退について語るバーティ

■突然のことで受け止められていない

「私にはもう肉体的な原動力も、感情的な欲求もトップレベルの自分に挑戦する必要なものは何も持っていないんです。以前に同じようなことをしたが、その時とは異なる感情でいます」。

まさに青天の霹靂だった。全豪オープンで母国優勝を果たし、これからアシュリー・バーティの時代がやってくる…、女子のテニス界にすべてのサーフェスでも活躍できる絶対的女王が生まれた……そう安堵のような高揚感に包まれていた私には正直、まだこの事態を冷静に受け止められていないのかもしれない。

昨今ではアップテンポでオフェンス重視の選手が多い中、バーティほど攻守のバランスを保ちながらゲーム・マネージメントが出来る選手はしない。それこそ現代テニスを進化させる貴重な存在であり、バーティこそ長期間、トップレベルを牽引することができるとも予見していた。

どんなタイプの相手にも対応できる、問題解決に優れたIQテニス、パンチのあるサービスに、スピンとスライスのコンビネーションから生まれる緻密に計算されたチェンジオブペース、勝利に必要な冷静さと我慢強さ、特に「相手の時間を奪う」ことが戦術の軸にある昨今で、バウンドの高低差を使って相手を崩すことが得意だったバーティは、必要以上にテンポを速めリスクを負わずに済むスタイルを持っている。もちろん、ダニエル・コリンズと対戦した全豪決勝時のように、局面に応じオフェンスの度合いを上げることもできるが、いかなる時もバックハンドのスライスでバーティ自身のペースに引き戻せることが最大の武器であり、この高度な守備力こそ日々変わる環境のなかでも安定したゲーム運びを支える要だ。

■完成されたテニス

今となれば集大成となった全豪で披露したテニスは、一種の完成形として今後ずっと語り継がれるパフォーマンスだろう。バックのスライスは切れ味に加え、回転量からスピードまで繊細にコントロールされ、加速と失速を思いのままに操る美しいテニスだった。

優勝後に「間違いなく、やるべきことはまだまだある」と言い残したことから、この完成されたテニスがどこまで進化するのかという期待が私の中を駆け巡った。そしてパワーやスピードで押し切ることが増えた現代テニスに、彼女のようなゲーム性豊かな選手が見せてくれるテニスの神髄にもっと触れたかったというのが本音である。

もしこのままバーティがプレーを続けていれば、若きホープとして期待されるイガ・シフィオンテク(ポーランド)や多くのダブルスタイトルを掴んでからシングルスで成功を見せたバルボラ・クレイチコバ(チェコ)、パワーヒッターとしてずば抜けた才能を持つ大坂なおみなど、あらゆるタイプのプレーヤーたちがどんな方法を用いて彼女を突破することが出来るのか。その試行錯誤から生まれる攻防戦こそ、今後の女子テニスのゲーム性を進化させると大きな興味があったからだ。

どれもこれも勝手な期待だったかもしれない。だが、それほど絶対的女王としてふさわしいテニスを完成させていたバーティがどうしても名残惜しい。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします