辰己涼介は楽天カードを作れるのか?申し込み条件を調査

10月25日、ドラフト会議が開催され、大阪桐蔭の根尾昂選手や報徳学園の小園海斗選手などが複数球団に1位指名された。

その中で注目を集めたのは、読売ジャイアンツや阪神タイガースなど4球団から外れ1位指名を受けた辰己涼介選手だ。

くじによる抽選の結果、東北楽天ゴールデンイーグルスが辰己選手の交渉権を獲得。直後の会見で指名の感想を聞かれ「まずは楽天カードを作りたい」と応えた。

しかし、多くの人は「辰己選手は収入のない大学生なのに、楽天カードなどのクレジットカードを作れるの?」と疑問に思っただろう。安心していただきたい。辰己選手は楽天カードを作ることが可能だ。

楽天カードは大学生でも作れるクレジットカード

楽天カードの公式サイトを確認すると、カード発行の申し込み条件として「18歳以上(高校生除く)であればお申し込みが可能です。」とだけ記載されている。クレジットカードを作る際、収入の有無が必要条件である場合はその旨が必ず記載されているので、楽天カードは収入のない大学生でも作ることが可能といえるだろう。

楽天カードに限らず多くのクレジットカードは、学生が申し込んだ場合のみ、収入がなくても作成可能だ。アルバイト等で収入がなくても、問題なく審査に通過できる可能性が高い。

辰己選手は現在立命館大学に通う大学生なので、問題なく楽天カードを作ることが可能だろう。

辰己選手、学生のうちにクレジットカードを作っていたほうがいいですよ

楽天カードに限らず、クレジットカードを作る際は、必ず申込者の職業を申告する必要がある。社会人がクレジットカードに申し込んだ場合は、職業や年収が審査の重要な条件になるため、一般的には「大学生のうちに社会人用のクレジットカードを作っておくと便利」と言われる。

特に、大学卒業後の辰己選手はプロ野球選手になるので、肩書上「個人事業主」としてクレジットカードに申し込む必要がある。

安定した収入のあるサラリーマン等に比べ、個人事業主であるプロ野球選手はクレジットカードの審査で低く評価される可能性が高い。そのため、辰己選手は立命館大学在学中にクレジットカードを作っておくことをオススメする。

楽天カードには楽天イーグルスデザインも

そんな楽天カードには、券面にチームロゴをあしらった楽天イーグルスデザインも用意されている。チーム愛を発揮したい場合は、せひこちらのデザインを選択してみては。

なお、ドラフト会議から1夜明けた10月26日には、球団関係者が辰己選手へ指名挨拶に訪れた。石井一久GMからは名前入りの特大楽天カードが辰己選手にプレゼントされる場面も。

大きすぎてレジに通せないので、辰己選手は自力で本物の楽天カードを作ることをおすすめしたい。

≪関連記事≫

えっ?本当に!?太田光、ドラフト2位で楽天イーグルスに指名される

ロッテに藤原恭大を呼んだ?「残ってるからおじさん」大活躍のドラフト会議

日本ハムが甲子園アベンジャーズ状態に……吉田輝星・柿木蓮をドラフトで指名

2018プロ野球ドラフト会議直前!注目選手と各球団の動向、ファンの反応は?

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします