【MLB】大谷翔平、「3番DH」スタメン “復調の兆し”で5試合ぶり5号アーチなるか

エンゼルス・大谷翔平(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は4日(日本時間5日)、敵地フェンウェイ・パークで行われるボストン・レッドソックス戦に「3番DH」でスタメン出場する。

大谷は前日の同戦で4試合ぶりの安打を放ったほか、澤村拓一と初対戦するなど4打数1安打。1日(同2日)のホワイトソックス戦では右股関節の張りを訴え途中交代、翌2日(同3日)にはスタメンを外れた大谷だが、昨日は低めのチェンジアップをすくい上げる技ありの中前打を放ち、いつもと変わらぬ走行を見せファンを安堵させた。エンゼルスは5月、ここまで1勝3敗。西地区では2位アストロズと1.5ゲーム差で、依然首位をキープしている。

◆股関節の張りを訴えた大谷翔平、次回先発は天候次第か 米紙「雨で遅延する可能性のある試合は…」

■チームを活気づける一発なるか

相手先発のギャレット・ウィットロックは、昨季救援投手としてメジャーデビューを果たした25歳右腕。46試合に登板、8勝4敗、81奪三振、防御率1.96と好成績をマークし、今季からは先発としても出場している。今季は2試合に先発して1勝1敗、中継ぎとしての出場を含めた6試合の防御率は0.54と好投している。大谷とは今回が初対戦となる。

大谷は直近4試合で12打数1安打、チームも5月は4試合中3試合で無得点と不振続きではあるものの、大谷は昨日4試合ぶりの安打を放った。大谷は、4月10日(同11日)のアストロズ戦から4月18日(同19日)まで8試合連続安打をマークするなど一度波に乗ることができればよい流れも継続するだけに、昨日の安打をきっかけに、再びチームと自身によい流れを取り戻したいところ。明日の同戦では“二刀流”出場が控える大谷。自身のバットでチームに活力を取り戻すことができるか。5試合ぶりの5号アーチが飛び出すかにも注目したい。

試合情報

エンゼルス-レッドソックス
試合開始:日本時間5月5日(木)8:10
中継情報:AbemaTV、NHK BS1

◆大谷翔平、フェンウェイパーク初先発へ 敵将「彼は圧倒的に最高のアスリート」とベタ褒め

◆大谷翔平、高まる期待への裏返しか…敵地メディアが取材叶わず“ガッカリ”

◆新人王候補1位に鈴木誠也を選出 MLB公式「理にかなっている。MVPも狙える」

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします