【MLB】大谷翔平、「2番DH・投手」スタメン 今季12号とヤンキース戦初勝利で“リベンジ”なるか

エンゼルス・大谷翔平(C)ロイター/USA TODAY Sports

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は2日(日本時間3日)、敵地ヤンキー・スタジアムで行われるニューヨーク・ヤンキース戦に「2番DH・投手」で先発出場する。投打同時出場は今季9度目。

◆【速報】大谷翔平、意地の3試合連続安打も一塁牽制死 4回途中4失点KOで4勝目ならず

■昨季は初回7失点の大炎上

雨天中止となった前日の試合がスライド、ダブルヘッダーとして開催され、大谷は第1試合で先発マウンドへ上がる。

大谷は今季8試合に登板し、3勝3敗、防御率3.45。前回登板の5月26日(同27日)ブルージェイズ戦では、6回6安打2本塁打5失点と炎上した。5月5日(同6日)のレッドソックス戦で3勝目を挙げて以降、3試合で勝ち星から遠ざかっている。

ヤンキース戦は昨季6月30日(同7月1日)に「1番・投手」で出場し、初回7失点で降板と、敵地初登板の洗礼を受けた。

相手先発は前日に予定していたネストル・コルテスがスライド登板。今季はここまで9試合に登板して4勝1敗、防御率1.70と好投を続け、現在、登板機会3連勝をマークしている。大谷との対戦成績は3打数無安打、変則的な投球モーションに翻弄された。

5月31日(同6月1日)の同戦で、第1打席に飛距離413フィート(約126メートル)の大飛球を放つも、現在ホームラン王争いで独走する中堅手アーロン・ジャッジにキャッチされた大谷。幻に終わった今季12号を放ち、昨季のリベンジとなるヤンキース戦初勝利を飾るか。

◆大谷翔平、幻の12号は「メジャー20球場で本塁打」と公式データ HRキング独走ジャッジが強奪

◆大谷翔平の投球は「別次元に上昇中」 米メディアが球速アップと与四球減に注目

◆大谷翔平、「球速が上がり大きな復活を遂げた」と公式サイト 今後の課題は天敵ハイム対策

試合情報

ヤンキース-エンゼルス
試合開始:日本時間6月3日(金)2:05
中継情報:AbemaTV、NHK BS1

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします