巨人の新助っ人・ビヤヌエバってどんな人?26歳で大谷翔平とともに月間最優秀新人に選出された苦労人

サンディエゴ・パドレスに所属するクリスチャン・ビヤヌエバ選手を読売ジャイアンツが獲得、という情報がMLB担当記者のツイートによって日本に流れてきた。

当初、ビヤヌエバ選手は阪神タイガース入りが報道されたが、巨人入りに訂正。インセンティブを含め年俸約3億4千万という具体的な内容まで明かされている。

そしてついに巨人入りが正式に発表され、背番号は33に決まった。

今年の3.4月には、エンゼルスの大谷翔平選手とともに月間最優秀新人に選出されたビヤヌエバ選手。どのような選手なのか、成績や経歴について迫る。

 

View this post on Instagram

 

Se fuerte y valiente algunas veces hay que superar ciertas pruebas para poder alcanzar grandes bendiciones. 🙌🏼

Christian Villanuevaさん(@chrisvillanueva22)がシェアした投稿 –

メキシコ出身の遅咲きの苦労人

ビヤヌエバ選手はメキシコ出身の27歳。主に三塁手として起用され、昨年メジャーデビューを果たした遅咲きの苦労人だ。

(c)Getty Images

2008年にテキサス・レンジャーズと契約し、翌年にマイナーデビュー。MLB特有の7つの階級に分かれるマイナーリーグのうち、最下位組織のルーキーリーグからキャリアをスタートした。

ビヤヌエバ選手がプレーしていたマイナーリーグの下位階級は年俸水準が低く、多くの選手はシーズンオフにアルバイトをして生計を立てるほどビヤヌエバ選手は、このような環境からメジャーリーグを目指すこととなった。

徐々にステップアップ

デビュー2年目以降徐々に頭角を現し始め、3年目の2010年には中位のマイナーリーグで打率.278、17本塁打、84打点、32盗塁の好成績をマーク。

翌年も1つ上の階級でプレーし、2012年にトレードでシカゴ・カブスへ移籍した。2012年オフにカブスとメジャー契約を結び、40人枠(日本でいう1軍登録枠)入りを果たした。

ライバルの台頭

2013年には打率.317、19本塁打、72打点をマークするもメジャーデビューは果たせず、その後はカブス傘下で3Aと2Aという上位の階級を行き来することに。

2015年には同じポジションの大型新人、クリス・ブライアント選手がカブスでメジャーデビューを果たして主力に定着。2016年はケガのためプレーできず退団が決まり、パドレスとマイナー契約を結んだ。

念願のメジャーデビュー

2017年は3Aで開幕を迎えたビヤヌエバ選手。しかし9月にメジャー契約を結ぶと、そのまま念願のメジャーデビューを果たす。

2017年は打率.344、4本塁打、7打点で初めてのメジャーリーグでのシーズンを終えた。

2018年は、開幕直後から三塁手として起用される。スタメン2戦目となった現地時間4月3日のロッキーズ戦では3本塁打5打点の大暴れ。

3.4月に打率321、8本塁打、19打点をマークしてア・リーグの大谷翔平選手とともにナ・リーグ月間最優秀新人に選出された。

 

View this post on Instagram

 

🙌🏼vamos por más

Christian Villanuevaさん(@chrisvillanueva22)がシェアした投稿 –

1年間を通しては打率.236、20本塁打、46打点の成績をマークした。

巨人では退団したマギーの後釜に?

獲得が噂される巨人は、三塁手として活躍したケーシー・マギー選手が今シーズン限りで退団。その後釜の選手としてビヤヌエバ選手に白羽の矢が立ったと考えられる。

(c)Getty Images

ただ、メジャーで守っていた三塁手には期待の若手・岡本和真選手もいるため、巨人でどのような起用をされるのか注目だ。

≪関連記事≫

日本ハム入りが噂の“台湾の大王”王柏融(ワン・ボーロン)ってどんな人?打率4割と三冠王の最強打者!経歴や日本との関わりに迫る

巨人の2018年ドラフト1位指名は根尾昂?補強ポイント・過去のドラフトの傾向から考察

最下位から巻き返したい阪神…補強ポイント・過去の傾向から2018年ドラフト会議指名選手を考察する

2018ドラフト会議速報!12球団が1位指名した選手の人柄

インタビュー

狩野舞子が“リアルな”新作ゲーム『スパイク バレーボール』に挑戦したら「バレーボールあるある」が満載だったPR

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします