マー君、成田緑夢のクリスマスの予定は?…子どもたちに伝えたこと

12月2日、明治神宮外苑の室内球技場にて「ウブロ×田中将大チャリティーイベント~Pray for HOKKAIDO~」が開催された。

2018年9月6日に発生した北海道胆振東部地震に向けたチャリティーイベントであり、当日はニューヨーク・ヤンキースに所属する田中将大投手と、パラアスリートの成田緑夢選手が登場した。

イベント中、クリスマスの予定について参加した子どもから聞かれた2人。

成田選手は、「多分カレンダーは空いていると思います。1人で練習かな……。(笑)誘ってください!」と自虐的な発言で笑いを誘った。

田中投手は、「つまんない答えかもしれないですけれども、もうすぐ3歳になる息子と妻と、家族で過ごします。シーズン通してなかなか家にもいれないですし、遠征で一年の半分は家も空けます。だから何かできるときはしてあげたい」と回答した。

今シーズンは「悔しい」

また、田中投手は今シーズンについて「悔しいシーズンでしたね。シーズンを通していい投球ができなかったということに尽きます」と振り返った。

来季の目標については「ワールドシリーズ制覇。その中でしっかり1シーズンローテーションを守って、クオリティーの高い投球をしていけたらと思います」と言及した。

「ミスから学ぶ」

続けて、「ずっとうまく行き続けることはなかなかないこと。ミスしてしまうことはこれからもある。そのあとの姿勢、行動、考え方が大事だと思っています。ミスから学ぶ、次同じことを繰り返さないことが大事」と子どもたちにもアドバイスを送った。

《関連記事》

田中将大、北海道への寄付金を決める的当てに挑戦…子どもたちが高額の的を次々と射貫くまさかの展開に感謝?

世界一になるために取り組むべきことは…成田緑夢と田中将大の答えが丸かぶり?

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします