【RIZIN.38】盤石の王者・堀口恭司との“瞬き厳禁”な一戦でも金太郎に勝機あり

堀口恭司(C)USA TODAY Sports/ロイター

『湘南美容クリニック presents RIZIN.38』のメインイベント、第4代RIZINバンタム級王者の堀口恭司対“マサカリ殺法”金太郎は25日、さいたまスーパーアリーナで行われる。

同大会は、昼に行われるフロイド・メイウェザー vs. 朝倉未来のエキシビションをメインイベントとした『超RIZIN』の興行後に、通常のナンバーシリーズとして開催される。

ここでは「堀口恭司 vs. 金太郎」の試合展開を予想する。

◆【超RIZIN】朝倉未来の左ストレートはメイウェザーに届くのか 「被弾覚悟」で臨む“世界的一戦”を分析

■崖っぷちの堀口「動物みたいな動きを楽しんで」

堀口は“史上最強のMade In JAPAN”。世界最高峰のUFCフライ級で、王者デメトリアス・ジョンソンに挑戦するなど海外で活躍し、2017年にRIZIN電撃参戦。19年にはBellatorとRIZINの同時王者になり、国内外で大きな注目を集めた。その後、右ヒザ前十字靭帯断裂の怪我で2つの王座を返上したが、20年の大晦日に朝倉海との再戦で奪還を果たす。

新型コロナウイルスが流行する世界情勢の中、21年9月よりBellatorを主戦場とすることを発表。21年12月には自身が返上したベルトを巻く当時の王者セルジオ・ペティスに挑戦したが、バックブローで失神KO負け。今年4月にはバンタム級ワールドGPに参戦したが、初戦でパトリック・ミックスに判定負けし、2連敗となった。

堀口にとって2連敗は、UFC時代も含めてキャリア初の出来事だった。17年にRIZINに復帰して以降、19年8月の朝倉海戦を除くと、全勝のレコードを残していた。彼にとってはこれ以上の負けは許されない状況。Bellatorで再びトップ戦線へ絡むためには、金太郎を相手に完勝することが求められ、万が一敗戦することがあれば、Bellatorリリースにもなりかねない。

通常であればプレッシャーのかかる状況にも関わらず、記者会見ではいつも通り落ち着いた表情で「毎回自分は1試合1試合挑む気持ちは変わらない。試合を見れば分かりますが全く違う動き、動物みたいな動きとよく言われるんですけれど、そこら辺も楽しんで見てください」と意気込みを語っている。金太郎を相手に実力差を見せつけることができるか。

■番狂わせ狙いの金太郎「1ラウンドから目を離さないで」

対戦相手に選ばれた金太郎は、堀口を相手に番狂わせを起こす可能性を十分に秘めている。格闘エリートの堀口とは対照的に、ケンカに明け暮れた青春時代を過ごした後、THE OUTSIDER、DEEPやパンクラスに参戦。“まさかりパンチ”と呼ばれる強烈な打撃で様々な相手をKOしてきた。14勝のうち9つのKOを数える。

金太郎も堀口と同じく2連敗中。だが、この試合で堀口を倒せば一気にバンタム級トップ戦線に食い込むことになる。それだけに気合いは相当なものだろう。武器の思い切りの良い打撃で堀口食いを狙う。「1ラウンドから目を離さないでほしい」と宣言しているだけに、金太郎への期待も膨らむ。一撃で番狂わせを起こし、会場を爆発させることができるか。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします