【今週の決戦】セ・リーグCS 1st.ステージはバイプレーヤー対決 楠本泰史 vs. 中野拓夢が鍵か

2位・横浜DeNAベイスターズと3位・阪神タイガースによるクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージが8日にスタートする。

セ・リーグの優勝チーム、東京ヤクルト・スワローズへの挑戦権をかけた2戦先勝の超短期決戦の中で、両チームの打線の先陣を取るべき2人を勝負キーマンに挙げたい。

◆【今週の決戦】パ・リーグCS 1st. ステージは好相性・牧原大成、山川穂高のキーマンに注目

■得点力アップの鍵を握るバイプレイヤーに注目

本拠地・横浜スタジアムに迎え撃つDeNAの期待は、楠本泰史だ。

プロ5年目の27歳。今季レギュラーシーズンは自己最多の94試合に出場し、打率.252、6本塁打、26打点、6盗塁、出塁率.322の成績。決して主役ではなかったが、シーズン終盤の9月に月間打率.345(58打数20安打)と活躍。シーズン最後の2試合は2番打者として出場しており、今回のCSでも佐野恵太牧秀悟の2人、さらに宮﨑敏郎ソトと続く打線の中で、楠本が出塁すればチームの得点力は間違いなく上がる。

何より、今季の阪神戦は18試合で打率.357(56打数20安打)の好相性を誇っている点が、期待感を高める要素となっている。

一方、敵地に乗り込む阪神で期待したいのが、中野拓夢だ。プロ2年目の26歳。今季レギュラーシーズンは135試合に出場し、打率.276、6本塁打、25打点、23盗塁、出塁率.301。6月までは2番打者での出場が多かったが、7月以降は「1番ショート」に定着してチーム最多・リーグ3位の157安打を記録。今季のDeNA戦は打率.253(95打数24安打)と決して相性が良いわけではないが、今回の舞台となる横浜スタジアムでは打率.279(43打数12安打)で2本塁打を記録。

そしてCS第1戦での先発が予想される今永昇太に対しては今季対戦打率.444(9打数4安打)の好相性。中野が出塁すれば、おのずと得点のチャンスは増す。

今季の両チームの対戦成績はDeNAの16勝9敗。さらに横浜スタジアムではDeNAが11勝2敗と大きくリードしている。主軸の“一発”に期待が集まるが、チームの勝利のためにはバイプレイヤーの働き、ラッキーボーイの登場が必要。その意味でも、「楠本 vs. 中野」の争いに注目だ。

◆青木宣親が引退していれば33年ぶりに1位が入れ替わった生涯通算打率について

◆個人通算記録達成の陰で起こり得る不都合な真実 石川雅規は200勝達成なるのか

◆「監督としては助かる」は本当か、クリーンナップの送りバントに物申す

記事提供:ベースボール・タイムズ
データ提供:野球DB


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします