松島幸太朗、親知らずを抜歯!顔半分が腫れ「今までで1番痛い…」と悲しむ

ラグビー日本代表の松島幸太朗選手が1月11日に自身のツイッターを更新。

1月10日に親知らずを抜いた影響で、頬が腫れた様子をファンに公開している。

同僚選手が「めっちゃ腫れてるやーん」と言っているとおり、松島選手の右頬が明らかに腫れてしまっている。

普段の松島選手(c)Getty Images

幸い「痛みは昨日の夜から消えました」ということだが、10日には「今までで1番痛い…」と親知らず抜歯の痛みを嘆いていた。

激しいコンタクトスポーツのラグビー選手が「今までで1番痛い」と嘆くほどだから、尋常ではない痛さであったことがうかがえる。

ファンからは同情や心配のリプライが寄せられていた。

親知らずを抜くことで頬が腫れてしまうのはよくある笑い話だ。しかし、アスリートの場合は歯の噛み合わせもパフォーマンスに影響を与えるために、親知らずの処置は死活問題ともいえる。

無事に?親知らずの処置に成功した松島選手の今後のより一層の活躍を期待したい。

≪関連記事≫

満員電車で通勤した日々も…元サラリーマン選手、庭井祐輔がプロ転向するまで

大怪我を乗り越えて…「焦っても仕方がない」を知った庭井祐輔が見るラグビー

いつも無表情の稲垣啓太、女優・山崎紘菜と対面しても無表情

ラグビー真壁伸弥、溢れるポメラニアン愛……森に佇む神々しい「ポルテちゃん」の様子を公開

コメントを残す