【アジア杯】伊東純也が速すぎと話題!圧倒的走力に「スピードがハンパない」の声

2019年1月13日のアジアカップ・グループステージのオマーン戦で、伊東純也選手が今大会初出場を果たした。

伊東選手は後半39分、堂安律選手と代わって途中出場。出場時間は10分弱だったが、自らドリブル突破したり、快足を活かしたカウンター攻撃からシュートを撃ったりするなど、持ち味を発揮した。

 

(c)Getty Images

残念ながら伊東選手が撃ったシュートは相手GKに阻まれたが、十分に存在感を見せつけることができただろう。

「スピードがハンパない」

そんな伊東選手について、あまりにも足が速いとネット上で話題になっている。

Jリーグを代表するスピードスター

2015年に神奈川大学を卒業後、ヴァンフォーレ甲府に加入した伊東選手。ヴァンフォーレ甲府在籍時は、トップ下やワントップとしてプレーしていた。

しかし、柏レイソル移籍後は快足を活かせる右サイドハーフでプレーすることが多い。快足を活かした縦へのドリブル突破が伊東選手の持ち味だったが、2016年の移籍以降、外から中に切り込んでパスを出したり、もしくはシュートを撃ったりと、攻撃のバリエーションが増えた。

(c)Getty Images

いまやサッカーファンの間ではすっかりスピードスターとして知られている伊東選手だが、快足ぶりがよくわかる興味深いデータがある。

Jリーグの発表によると、2018年シーズンの選手別スプリント回数(10~30メートルの距離を時速24km≒15マイル以上で走る回数)ランキングに、伊東選手の記録が8位でランクインしている。

この記録は第5節ヴィッセル神戸戦のもの。伊東選手は試合中、40回スプリントした。

一般的に、1試合あたりのスプリント回数が30回以上だと大台を超えたと言われている。したがって、伊東選手の40回というスプリント回数は、極めて高いレベルの数字であるといえるだろう。

また、伊東選手は50mのタイムが5秒台であり、100mだと10秒台を出せるのではないかと言われている。

アジアカップで決勝トーナメント進出が決まった日本代表。伊東選手がスピードを活かしてどのようなプレーを見せてくれるのか、注目だ。

≪関連記事≫

【アジア杯】オマーン戦出場の新成人・堂安律と冨安健洋、成人式欠席理由がカッコよすぎると話題に

堂安律が大阪に凱旋!代表のガンバ3ショットに反響「ただいまパナソニックスタジアム」

堂安律がおばたのお兄さんに似ていると話題に…おばたのお兄さん本人はツイッターでアジアカップ出場を否定

アジアカップ日本代表招集の大型DF冨安健洋、名字を間違えると「冨安警察」が出動?

柴崎岳と南野拓実がヒゲを生やす!トルクメニスタン戦のワイルドな風貌が話題に

サッカー日本代表・南野拓実が山崎賢人似のイケメンだと話題に…「端正な顔だけじゃなくプレーもイケメン」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします