Advertisement

【格闘技】玖村将史、RISE鈴木真彦とK-1の舞台で対戦決定 「圧倒的に勝つ」とTHE MATCHのリベンジ誓う

 

【格闘技】玖村将史、RISE鈴木真彦とK-1の舞台で対戦決定 「圧倒的に勝つ」とTHE MATCHのリベンジ誓う
鈴木真彦戦に闘志を燃やす玖村将史(C)ABEMA

立ち技格闘技団体の「K-1」と「RISE」が10日、共同で緊急記者会見を行い、3月12日開催の『K-1 WORLD GP 2023 JAPAN. ~K’FESTA.6~』と、3月26日開催の『Cygames presents RISE ELDORADO 2023』で、昨年6月19日に行われた『THE MATCH 2022』以来となる対抗戦を行うと発表した。互いに、互いの団体に乗り込み、その団体のルールに則り試合をするかたちとなる。

◆【大会プレーバック/THE MATCH 2022】名勝負は「天心vs武尊」だけじゃない、両団体のプライドをかけた全16試合の「世紀の一戦」を振り返る

■玖村「K-1の強さを証明する」

発表された対抗戦のカードは各大会3試合ずつ全6組。『K’FESTA.6』では「玖村将史 vs. 鈴木真彦」、「斗麗 vs. 安本晴翔」、「寧仁太・アリ vs. 實⽅拓海」、『RISE ELDORADO 2023』では「南原健太 vs. 愛鷹亮」、「門口佳佑 vs. 新美貴士」、「⽩⿃⼤珠 vs. 佐々⽊太蔵」の対決が実現する。

玖村と鈴木はともに昨年の『THE MATCH』に出場。玖村はRISEの志朗に、鈴木はK-1の金子晃大にそれぞれ判定勝ちを収めている。玖村は昨年現王者・金子とのタイトルマッチで敗戦し、鈴木も志朗に昨年末の大会を含めて2度敗れており、技術力の高い玖村とアグレッシブな金子がどのように拳を交えるのか大注目のカードとなる。

玖村は今回の試合について「『THE MATCH』の借りを返す絶好の機会。K-1は、今まで色んな素晴らしいファイターたちが作り上げてきた舞台。『他団体から簡単に乗り込めると思うな』という気持ちもあるが、K-1の強さを証明したいというのが全K-1ファイターたちの思いだと思う。僕はK-1を代表して、圧倒的に勝ちたい」と言い切った。

両者はともに大阪出身。玖村は鈴木の印象について「大阪にいるときからトップで活躍している選手。パンチが上手くて打ち合っても冷静に判断できる強いファイター。でもガツガツ来てくれたら打ち合いのテクニックでは僕のほうが上なので、一瞬のすきを突いて倒す」と自信をのぞかせ、「鈴木選手に勝ったら金子選手も逃げられない状況になると思うので、K-1のタイトルを目指して今年中に金子選手とやりたい」とその先のタイトルマッチを見据えた。

「ルールは気にしていない」と言い放った鈴木真彦(C)ABEMA

対する鈴木は、普段と違うK-1ルールについても「気にしていない。やってみないと分からないので楽しみ」と前向きな姿勢で「格闘技ファンが盛り上げるような勝ち方をしたい」と静かに闘志を燃やした。

両団体とも年間最大規模の大会とあって『K’FESTA.6』では“K-1の新しい顔”と言われる現フェザー級王者・軍司泰斗の初防衛戦や、『THE MATCH』にも出場したウェルター級王者・野杁正明の復帰戦など5大タイトルマッチが開催される。さらに『RISE ELDORADO 2023』では同じく『THE MATCH』に出場した原口健飛志朗が、それぞれ海外の強豪選手とのタイトルマッチを組まれている。

Advertisement


対抗戦はもちろん、どの試合も見逃せない豪華カード目白押しの大会となりそうだ。大会は両日とも、ABEMAで無料生中継される。

◆【K-1 AWARDS】W受賞の大久保琉唯、「格闘技を知らない人に感動とパワーを伝えたい」ファンからは「蝶ネクタイ姿格好いい」の声も

◆那須川天心がB級プロテスト合格 ボクシングへ転向

◆武尊、今年の復帰戦で“最高の勝ち方”を約束 世界挑戦も宣言「アメリカでも武尊を普及させたい」

文●SPREAD編集部