Advertisement

【WBC】優勝候補筆頭、ドミニカ共和国に衝撃 ブラディミール・ゲレーロJr.の欠場が決定

 

【WBC】優勝候補筆頭、ドミニカ共和国に衝撃 ブラディミール・ゲレーロJr.の欠場が決定
ブルージェイズ・ゲレーロJr(C)Getty Images

MLB公式サイトは5日、ドミニカ共和国代表トロント・ブルージェイズブラディミール・ゲレーロJr.ワールド・ベースボール・クラシックWBC)を欠場すると報じた。ゲレーロJr.は3日(日本時間4日)に行われたオープン戦で右膝に違和感を抱え、途中交代。4日(同5日)に球団公式サイトが発表していた。

◆【実際の映像】佐々木朗希、大谷翔平に並ぶ日本人最速165キロ 初回に見せた圧巻投球

■「治療が最善策」とブルージェイズ監督

ゲレーロJr.は3日の試合を途中交代、MRI検査の結果、損傷は認められなかったが、球団から大事をとってWBC欠場が発表された。予定では5日(同6日)、代表チームと合流するスケジュールとなっていた。ジョン・シュナイダー監督は「彼は今日治療を受け足を休めている。今はそれが彼にとって最善のことであると思う」とコメントした。

ゲレーロJr.は2021年、ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平とホームラン王争いを展開した末、タイトルを獲得。MVPレースでも大谷と競り、こちらは大谷に軍配が挙がり、そのため日本でも知名度が高い。

ドミニカ共和国代表は第3回となる2013年のWBCで全勝優勝を果たしており、今回も米メディアなどではアメリカ、日本を上回り、優勝候補の筆頭に上がっていた。

◆【実際の映像】岡本和真、壮行試合チーム第1号 柳のカットボールを捉えたレフトへの勝ち越し弾

◆米メディアが優勝国オッズを発表 1番人気は第3回大会優勝のドミニカ、宿敵韓国は8位、侍ジャパンは…

◆米メディアが優勝オッズ発表 侍ジャパンは投手力評価、識者は“大本命”の問題点指摘「不運に見舞われた」

文●SPREAD編集部

Advertisement