Advertisement

【NBA】八村塁のロサンゼルス・レイカーズはウォリアーズに大勝で2勝1敗とリード プレーオフ2回戦

 

【NBA】八村塁のロサンゼルス・レイカーズはウォリアーズに大勝で2勝1敗とリード プレーオフ2回戦
ロサンゼルス・レイカーズの八村塁 (C) Getty Images

全米プロバスケットボールリーグNBAは7日(日本時間8日)、ウエスタン・カンファレンス・プレーオフ2回戦は、昨季王者のゴールデンステート・ウォリアーズ八村塁所属のロサンゼルス・レイカーズの第3戦が行われ、レイカーズは127-97と大勝、2勝1敗と一歩リードした。

◆【実際の映像】レブロン・ジェームズの鬼ブロックなどレイカーズがディフェンスで大勝

■八村は16分の出場

レイカーズは第1クォーターこそ、ウォリアーズに第2戦の勢いを持ち込まれ、23ー30とリードを許したものの、第2クォーターで相手を18得点に抑える一方、以降はレブロン・ジェームズ、アンソニー・デービス、ディアンジェロ・ラッセルが躍動。それぞれ21、25、21得点とし、30点差で大勝した。

これまでプレーオフをけん引して来た八村はこの日、16分の出場に限られ5得点1リバウンド1アシスト1スチールだった。

ウォリアーズはクレイ・トンプソンがフィールドゴール成功率35.7%に抑えられ15得点。チーム全体でも、同39.6%。得意の3ポイントも29.5%と、レイカーズのディフェンスに屈した。

◆【プレーバック】21得点と躍動、八村塁のリバースダンク

◆八村塁、21得点と躍動もロサンゼルス・レイカーズは27点差で第2戦を落とす プレーオフ2回戦

◆八村塁、ついに覚醒か チーム最多得点でレブロン・ジェームズも「大きな役割を担う」と絶賛

文●SPREAD編集部

Advertisement