Advertisement

【今週の決戦】白熱の首位攻防戦、“対戦打率.500”の2人がキーマン ロッテ・茶谷健太 vs. オリックス・頓宮裕真に注目

 

【今週の決戦】白熱の首位攻防戦、“対戦打率.500”の2人がキーマン ロッテ・茶谷健太 vs. オリックス・頓宮裕真に注目
(c)Getty Images

ZOZOマリンスタジアムでは千葉ロッテマリーンズオリックス・バファローズの首位攻防戦が行われる。ここまで19勝14敗1分けの2位・ロッテは、先週4勝1敗と好調。一方、ここまで21勝14敗1分けの首位・オリックスは先週1週間を3勝2敗1分けで終えた。今季の対戦成績はオリックスが3勝2敗という中で、今カードはどうなるか。

◆首位打者争う“1988年対決” DeNA・宮﨑敏郎対広島・秋山翔吾のヒットメーカーがカギ握る

■初の開幕1軍入りを果たした8年目

ロッテで注目したいのが、茶谷健太だ。

プロ8年目、移籍5年目の今季、自身初の開幕1軍入り。当初はベンチスタートの試合が続いたが、途中出場の中でも結果を残すと、5月は10試合中9試合(スタメン5試合)に出場し、20打数11安打の打率.550をマークしている。今季のオリックス戦も5試合で12打数6安打の打率.500の好相性。首位攻防戦の中でもシャープなバッティングを見せてくれるはずだ。

一方のオリックスでの注目が、頓宮裕真だ。プロ5年目の今季、開幕2軍スタートも、4月5日に1軍登録されてから徐々に出番を増やすと、5月は12試合中11試合(スタメン11試合)に出場し、41打数16安打の打率.390をマークしている。今季のロッテ戦は4試合で14打数7安打の打率.500の好相性。首位攻防戦の中でも豪快な一打を見せられるか。

ともに5月好調で好相性同士。ゲーム差1.0で迎えた首位攻防戦の中で「茶谷 vs. 頓宮」が試合の鍵を握る。

◆大谷翔平に続く”二刀流”の潮目は本当に定着するのか 挑戦者をリスト・アップ

◆絶滅危惧種の“サブマリン” 侍ジャパンからも姿を消したアンダースローの系譜を継ぐ者はこの3選手

◆行き過ぎたリスペクトもいかがなものか… トレバー・バウアーの“刀パフォーマンス”封印騒動を考える

Advertisement


提供●Baseball Times