Advertisement

【今週の決戦】3連戦のゆくえ占う「伊藤大海 vs. 柳田悠岐」 北の大地で日本ハムとソフトバンクが激突 

 

【今週の決戦】3連戦のゆくえ占う「伊藤大海 vs. 柳田悠岐」 北の大地で日本ハムとソフトバンクが激突 
侍ジャパンでも好投した日本ハム伊藤大海(C)Getty Images

北海道日本ハム・ファイターズ福岡ソフトバンク・ホークスの3連戦が、エスコンフィールドで行われる。

日本ハムは、ここまで19勝23敗のパ・リーグ4位。一方のソフトバンクは、20勝16敗2分けの2位。今季の対戦成績はソフトバンクが5勝3敗と勝ち越している。

◆【今週の決戦】連勝チームの鍵を握る「セカンド対決」 5月好調の巨人・吉川尚輝 vs. DeNA・牧秀悟

■“好相性”同士の直接対決

日本ハムは、今カードでの先発が予想されるプロ3年目の伊藤大海に期待だ。

伊藤は、ワールド・ベースボール・クラシックWBC)出場を経て、4月5日の今季初登板こそ5回3安打無失点と好投したが、続く2戦目は6回2/3を5失点、それ以降も6回4失点、4回6失点と精彩を欠き3連敗。4月を4試合勝ち星なしの3敗、 防御率5.82で終えた。

しかし、5月2日の埼玉西武ライオンズ戦で7回1失点で今季初勝利を挙げると、その後も7回無失点、7回2失点と本来の姿を取り戻した。5月は3試合で2勝負けなし、防御率1.29の好成績を残している。昨季のソフトバンク戦は7試合で4勝2敗、防御率2.79と相性が良い。本拠地ファンの前で完全復調をアピールする“鷹狩り”を見せられるか。

対するソフトバンクは、柳田悠岐に期待だ。

プロ13年目の今季は、開幕から4月末までの22試合で打率.373、2本塁打、9打点と好調をキープ。しかし、5月に入ってからは16試合で打率.254、5本塁打、10打点で、本塁打率は上昇したものの、打率が低下している。

対日本ハム戦では、今季8試合で30打数13安打の打率.433。2本塁打、7打点と当たっており、前回4月28日からのエスコンフィールド3連戦では、13打数8安打の打率.615と大暴れ。今カードでも相性の良さを発揮したい。

Advertisement


開幕前の下馬評では圧倒的な最下位予想も、現在4位と健闘を見せる日本ハムと、優勝の大本命と目されながら2位に甘んじているソフトバンク。「伊藤vs.柳田」の対戦成績は、昨季が13打数5安打の打率.385、1本塁打。今季は6打数2安打の打率.333。今後の両チームを占う、要注目の対決になりそうだ。

◆「悔やまれる初球の直球」は本当か… 野球の本質を捉えていない評論家の的外れなバッテリー批判に思う

◆大谷翔平に続く”二刀流”の潮目は本当に定着するのか 挑戦者をリスト・アップ

◆絶滅危惧種の“サブマリン” 侍ジャパンからも姿を消したアンダースローの系譜を継ぐ者はこの3選手

提供●Baseball Times