野球選手から馬肉専門店と馬革専門店のプロデュースに転身!下園辰哉のセカンドキャリア

横浜DeNAベイスターズで活躍した下園辰哉さんは、キャリア後半に代打の切り札として活躍し、ファンからも根強い人気があった。

一軍で活躍した経験のある野球選手のセカンドキャリアとして多いのは所属していた球団のコーチや裏方の球団職員である。下園さんにも引退する際に球団職員としての打診があったそうで、「野球の道で再び生きていこう」と考えていたこともあるようだ。

そんな下園さんだが、知人から馬油専門店の会社を紹介してもらったことがきっかけで、全く新しい世界へと飛び込んだという。それが、馬肉専門店「桜馬」のプロデュースだ。

現在、桜馬にはプロ野球選手時代の仲間たちも頻繁に訪れる。

下園さんは、プロ野球選手を引退後、馬肉や馬油を扱う企業に就職。

その仕事で足を動かしていく中、実際に馬が馬肉や馬油に加工されている現場に出会い「命をいただいている」という大切さを感じ、「無駄にはできない」という思い始めたののがプロデュース業を初めたきっかけだそう。

馬革の新しいブランド「SILOKU」をオープン

無駄にできないという思いから、桜馬開業後に馬革専門店「SILOKU」のプロデュースをすることに。

スマホケースや財布など様々な商品が並ぶ店内には下園さん自身が頻繁に立ち、接客もしている。また、自ら職人のもとへ出向くなどもしているようだ。

 

View this post on Instagram

 

in沖縄 仲間の革職人さんの元へ 新製品の開発 #革#革職人

下園辰哉さん(@tatsuya_shimozono)がシェアした投稿 –


練習を手伝った際は、荒波翔選手が商品を宣伝してくれたことも。


この「SILOKU」だが、もともと野球に使用するグローブに馬革を使おうという考えから誕生した。

現在、実際に馬革のグローブを試作中。DeNAの選手にも使用してもらい、改良を重ねている段階だという。


下園さんは、「野球選手がやらないようなことをやりたい。でもスポーツ選手に向けた事業をやりたい」と語っており、今後新しい事業が始まる可能性もあるという。

≪関連記事≫

横浜愛を貫いた25年間、“永遠番長”三浦大輔のコーチ就任にファン「お帰り」

松坂大輔も胴上げに参加!後藤武敏の引退試合で春夏連覇の横浜高メンバーが集まる

松坂大輔が決意の力投で甲子園12年ぶりの勝利、引退する松坂世代へ「僕はもう少し頑張るよ」

今季限りで引退発表の巨人・杉内俊哉…多くのファンが引退試合開催を望む

巨人・上原浩治、40代選手の相次ぐ引退に「何か寂しいです……」

インタビュー

狩野舞子が“リアルな”新作ゲーム『スパイク バレーボール』に挑戦したら「バレーボールあるある」が満載だったPR

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします