メキシコ戦にメンドーサ&クルーズが出場!日本を離れた2人のその後は?

侍ジャパンの強化試合がいよいよ2019年3月9日から始まる。今回対戦するのは、メキシコ代表だ。

今回来日したメキシコ代表メンバーには、元日本ハム・阪神のルイス・メンドーサ投手と、元ロッテ・巨人・楽天のルイス・クルーズ選手が選ばれている。また、2019シーズンからオリックスに所属するジョーイ・メネセス選手も選ばれた。

こちらは、来日し記念写真を撮影するメキシコチームの様子。


変わらない2人

メンドーサ投手とクルーズ選手は、日本ではお互い異なるチームで4年間プレー。ファンの記憶にもまだ新しい選手だろう。

2人は2017年に阪神と楽天から退団。その後は日本を離れており、どんな活動をしているのか知らない方も多いだろう。

実は現在、2人はメキシカンリーグのメキシコシティ・レッドデビルズに所属。チームメイトとして共闘している。

そんな2人がメキシコでインタビューを受け、日本語を話している動画がある。(右端は元カープのラミロ・ペーニャ選手)「まっすぐ」「むずかしい」「どこですか?」など日本語の単語で盛り上がっている姿はとてもほほえましい。

3月6日には、メキシカンリーグの公式アカウントが来日する機内のクルーズ選手を捉えた写真を公開している。


クルーズ選手は、現在も自身のツイッターアカウントでたびたび日本語のツイートをリツイート。日本に愛着を持ち、気にかけてくれている様子だ。

また、メンドーサ投手も、奥さんのインスタグラムに何度も登場。幼い子どもたちと仲良く写る写真も多く、日本時代と変わらぬイクメンっぷりが見てとれる。

日本時代は大いに人気を集めた2人。今回の試合で、再び元気な姿を日本のファンに見せられるか。

≪関連記事≫

ブランドンの日本語ツイートに胸打たれる人多数!念願の日本球界復帰に祝福の声

千葉ロッテ・レイビン「私が新外国人No.1投手だ」と不敵な笑みで登場

日米最強捕手が集合!侍ジャパン捕手陣とモリーナが肩組み4ショット

山崎康晃、侍ジャパン広報活動開始「みんなの素顔を今回もお届けします」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします