明石商業の得点テーマ「笑点」にファンの注目集まる「めちゃくちゃおもろいやん」

3月27日、選抜高校野球大会は5日目を迎え、第1試合は明石商業対国士舘高校が対戦した。結果は明石商業のエース、中森俊介投手が10奪三振1失点で完投勝利。打線も7得点を奪っている。

そんな明石商業の初戦では、試合に出場した選手たちと同じくらい、アルプススタンドで鼓舞する応援団たちも注目を集めていた。

明石商業ブラスバンド部は、得点時のテーマ曲に「 笑点のテーマ」を選択。得点を挙げる度に朗らかな演奏が流れていた。

この光景にファンからも多くの反響が。中には「聞いていて和む」といった意見もあった。

一見、スポーツの世界とは無縁のように思えるこの曲。応援テーマとしては珍しい曲をチョイスした明石商業には誰もが驚かされたのではないだろうか。

商業の「商」と笑点の「笑」をかけて「商点」?

また、ファンの中からは『明石商業が点を得るから「 商点」なのでは?』と「笑点」とかけた選曲であるとの指摘も寄せられていた。

果たしてこの指摘は正しいのか。正解が気になるところだ。

≪関連記事≫

東邦のロッテ応援を大阪桐蔭ブラバンが演奏…異色の3団体コラボが実現

習志野高校が高須クリニックのCMソングを応援歌に!高須院長も反応

米子東高校のユニフォームがあんなにかわいい黄緑色な理由とは?

国士舘・黒澤の独特な「ボンズ打法」に注目集まる

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします