SB福田秀平が「高校生の頃からずーっと知っている」Bs福田周平との不思議な関係

2019年現在、プロ野球界には「読みが同じで漢字が1字違い」という、同姓同名に限りなく近い2人の選手がいる。

その2人とは、福岡ソフトバンクホークスに所属する 福田秀平選手とオリックス・バファローズに所属する 福田周平選手のことだ。

このたび、福岡ソフトバンクホークス(以下SB)とオリックス・バファローズ(以下Bs)の公式ツイッターにて、お互いに向けたメッセージ動画が公開された。

動画によると、2人は昔からお互いを意識していた様子。意外な関係性が浮かび上がった。

高校時代から知る選手のプロ入りに感慨深げ

どうやら、SB福田選手はBs福田選手のことを「名前が近い野球選手」ということで注目していた様子。

SB福田選手によると、Bs福田選手のことは「ずーっと知っている」とのこと。なんと、Bs福田選手が広陵高校にいた事から存在を認知していたらしい。

SB福田選手が高校生だったのは2004年から2007年まで。Bs福田選手が高校生だったのは2008年から2011年まで。すなわち2人は高校時代が重なっておらず、高校野球での対戦経験も無いはずだ。

SB福田選手にとって、当時のBs福田選手は「単なる同姓同名の高校生」。それでも、 約10年前から築き上げた不思議な関係といえよう。

同じチームに入ってきたらどうなるんだろう

さらに、SB福田選手は意外なエピソードを明かしてくれた。

2017年、当時社会人野球でプレーしていたBs福田選手は都市対抗野球でMVP(橋戸賞)を獲得。当然、将来のプロ入りも現実味を増した。

このBs福田選手の活躍を見て、SB福田選手は「 同じチームに入ってきたらどうなるんだろう」と想像しドキドキしていたという。

確かに、同姓同名の選手が同じチームにいたらアナウンスなどに混乱が生じる可能性が高い。

そんな想像までしていたBs福田選手は2017年のドラフトでオリックスに入団。高校時代から知っているということもあり、SB福田選手も「 まさか同じプロ野球でできると思いませんでしたし……」と感慨深げだった。

マニアックな記録を即答

一方、Bs福田選手は「勝手に親近感、湧いています」とのこと。やはりSB福田選手は意識する存在のようだ。

SB福田選手の印象を聞かれると、「盗塁の日本記録を持っていることで……」とコメント。しかしこの記録、「32回連続盗塁成功」という比較的マニアックなものだ。

偉大な記録であることには間違いないが、 盗塁王のように大々的な表彰が行われたものではない。

この情報をすぐに答えられるあたり、 Bs福田選手もSB福田選手のことを相当意識していたのかもしれない。

2人のフクダシュウヘイ

両動画の締めは、同じプロ野球界で戦う2人による、お互いへの激励だった。

SB福田からBs福田へは「お互いに良いプレーをして、ファンを惑わせましょう。『どっちの福田がいいプレーしたんだ』と」と、同姓同名ならではの盛り上げ方を提案。

Bs福田選手からSB福田選手へは「日本球界にフクダシュウヘイという名前を轟かせられるように、お互い頑張りましょう!」とをエールを送っていた。

ひょんなことから始まった数奇な関係。同姓同名という繋がりしかなかった2人も、今では同じグラウンドでプレーすることもある関係だ。

今後の2人がどんなステージで活躍することになるのか、これからも目が話せない。

≪関連記事≫

えっ?本当に!?太田光、ドラフト2位で楽天イーグルスに指名される

イナイレファンが思わず二度見?市和歌山監督の名前に注目

内川聖一、2,000本安打達成したのに無視される?しかしホークス選手達もニヤニヤが抑えられず…

オリックス近藤大亮、2年連続で鬼に襲われるが今年も勝利

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします