バドミントン・藤井瑞希、卓球で息抜き…強烈なスマッシュを炸裂させる

バドミントンの藤井瑞希選手がインスタグラムを更新。所属する再春館製薬所のチームメイトたちと卓球を楽しむ様子を撮影した動画を公開した。

向かって手前の右側が藤井選手。左側が志田千陽選手。互いにさすがのフットワークで好ゲームを繰り広げる。

途中、藤井選手が強烈なスマッシュを炸裂させれば、志田選手も「負けられない!」と勝ちへのこだわりを見せるなど、終始熱い盛り上がりを見せていた。

垣岩令佳選手との「フジカキ」ペアは昨年4年ぶりに再結成

2012年のロンドン五輪バドミントン女子ダブルスで、日本バドミントン界初の五輪での銀メダル獲得という快挙を達成したフジカキペア。

2012年にペアを解消していたが、2017年2月、藤井選手が熊本を拠点とする再春館製薬所と契約したことで、約4年ぶりに伝説のペアが再結成された。

2014年からドイツやイギリスでプレーしていた藤井選手が日本に復帰した背景には、故郷・熊本を襲った震災があったという。

まだまだ復興半ばの熊本で、被災地に元気を与えたいという思いが復帰を後押ししたようだ。

ゴールデンウィークの最終日は熊本の阿蘇を訪れたそうで、お姉さんとの2ショットを公開している。

GWの最終日はどのように過ごされましたか?私はいつもと変わらない日曜日のオフということでお姉ちゃんと、ドライブがてら阿蘇の方までランチに行ってきました(*´꒳`*)❤️ 行ったのは『久木野庵』。 のどごしツルツルでとても美味しいお蕎麦でした。 そして今回思ったのは、阿蘇はまだまだ震災のあとが残っています。復興への道がまだ長いことを感じました。 私も出来ることは少ないですが、またこうやって阿蘇を訪れたいと思います😢💕 皆さんも一緒に、阿蘇を訪れて阿蘇を元気にしてください!よろしくお願いします。 次は晴れた日に行こう☀️ #阿蘇 #南阿蘇 #久木野庵 #熊本地震 頑張ろう阿蘇 #sister #dayoff #lunch

A post shared by Fujii Mizuki (@bdmntnfujiimizuki) on

復帰したからには目標は高く、2020年東京五輪出場も目指すというフジカキペア。

ロンドン五輪で見せた抜群のコンビネーションに、今後も注目していきたい。

 

※2018年5月9日更新:「左側が松山奈未選手」⇒「左側が志田千陽選手」 「松山選手も」⇒「志田選手も」
記載に誤りがございました。ご迷惑をおかけした読者の皆様、関係者の皆様に深くお詫び申し上げます。

 

インタビュー

狩野舞子が“リアルな”新作ゲーム『スパイク バレーボール』に挑戦したら「バレーボールあるある」が満載だったPR

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします