坂本花織と三原舞依、地元の甲子園で始球式

5月13日、坂本花織選手と三原舞依選手が所属するスケートチーム、シメックスの公式インスタグラムアカウントが更新。

神戸出身の両選手が5月11日、阪神甲子園球場での阪神タイガース対中日ドラゴンズ戦で始球式を行った際の心境を報告した。

同日は女性向けイベント「TORACO DAY」 が開催されており、両選手はTIGERSのロゴが入った華やかなユニフォーム姿を披露。タイガースにちなんで虎を真似たポーズや2人の年齢(19歳)を表す背番号「19」などの写真も併せて投稿した。

また、グローブとボールを手に、それぞれの投球フォームを満面の笑みで披露している。

坂本選手はノーバウンド投球に成功した一方で、三原選手は惜しくもショートバウンドに。両選手共にマウンドでただならぬ緊張感を感じたようだが、 「貴重な体験」ができたと喜びのコメントを寄せている

阪神2軍の本拠地、西宮市の鳴尾浜球場の近くにある「ひょうご西宮アイスアリーナ」を拠点のひとつとしている両選手。野球はもちろん、今後も地元のスポーツチームとのコラボレーション企画に期待したい。

≪関連記事≫

新大型ビジョン一番乗りは坂本花織!?甲子園開幕戦に始球式で登場

坂本花織がピアスを空けて大人っぽくなったと話題に「垢抜けた」「似合う」

「こんな可愛い天使が主将とか…」三原舞依が主将として見事な演技を披露

三原舞依が凱旋帰国!自身が出場しない世界選手権の日本代表へエール

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします