Advertisement

【MLB】大谷翔平、初回に“177キロ”弾丸二塁打でチャンスメーク ドジャース先制点「ロケットだ」

 

【MLB】大谷翔平、初回に“177キロ”弾丸二塁打でチャンスメーク ドジャース先制点「ロケットだ」
初回に中堅オーバーの二塁打を放った、ドジャースの大谷翔平(C)ロイター/USA TODAY Sports

ドジャースの大谷翔平投手は8日(日本時間9日)、敵地ターゲットフィールドでのツインズ戦に「2番DH」で先発出場。初回の第1打席で中堅オーバーの二塁打を放った。

◆【速報/動画アリ】大谷翔平、左翼への3試合ぶり3号“猛打賞”アーチ 現地メディア「非現実的な当たりだ」

■“ビッグ3”であっという間に先制点

前日のカブス戦では今永昇太投手と初対戦した大谷。今永にはノーヒットに抑えられるも降板後に2安打を放ち、4試合連続マルチ安打をマーク。この日も序盤から積極的な打撃で存在感を見せた。

0-0の初回、無死一塁で迎えた第1打席。大谷は相手先発ベイリー・オーバー投手の5球目フォーシームを捉えると、打球は速度110.1マイル(約177.1キロ)の弾丸ライナーで中堅手の頭を超える二塁打に。四球で出塁したベッツが三塁へ進み、フレディ・フリーマン内野手の犠飛で先制点のホームを踏んだ。

大谷のフルスイングから放たれた打球は、実況が思わず「ロケットがセンターへ」と驚く凄まじい弾道に。角度がつけば間違いなくスタンドインの一打だった。

試合は初回からドジャースが先制。最強上位打線“ビッグ3”の活躍で、早くも1-0とリードしている。

◆【速報/動画アリ】大谷翔平、左翼への3試合ぶり3号“猛打賞”アーチ 現地メディア「非現実的な当たりだ」

◆大谷翔平、キャリア初の“5試合連続”マルチヒット 打率.340まで急上昇「活躍が止まらない」

◆「大谷翔平は史上最高の打者」本塁打を許したカブス投手が脱帽 「彼がスイングするたびに息が止まる」と振り返る

Advertisement


(H.Ariga/SPREAD編集部)