Advertisement

【オークス/前走ローテ】7勝の桜花賞組が断然 ヒモ穴は“想定8人気前後”で「複回収値466」のリステッド組

【オークス/前走ローテ】7勝の桜花賞組が断然 ヒモ穴は“想定8人気前後”で「複回収値466」のリステッド組
[過去10年]オークス2024の前走ローテ

19日に東京競馬場で行われるオークス(優駿牝馬/GI、芝2400m)の過去10年のデータを紹介する。

桜花賞馬のステレンボッシュをはじめ、桜花賞3着のライトバック、チューリップ賞勝ち馬のスウィープフィートに前走フローラSを勝利したアドマイヤベルらが出走予定。

ここでは過去10年のデータから、予想のヒントになる「前走ローテ」を分析していく。

◆【オークス(優駿牝馬)2024予想/枠順傾向】打倒ステレンボッシュの一角に「勝率40%」 想定2桁オッズ馬が“馬券内率50%オーバー”で妙味

■桜花賞組が7勝も、逃げ・先行馬は注意

前走・桜花賞組は過去10年で、7勝・連対5回・3着6回と全てが最多。牝馬クラシックの中でも特に重視される大レースだけにそもそも能力上位の馬が集まっており、このレースで3着以内に好走した馬は【7.2.3.12】と複勝率も50%と高い。逆に桜花賞で3着以内に好走したものの、オークスでは4着以下だった12頭のうち8頭が「前半600mの通過順で5番目手以内の逃げ・先行馬」だった。桜花賞では古馬になってスプリント路線を進むようなスピードタイプの馬でも通用するが、やはり2400mのオークスとなると、世代戦といえどもある程度の長距離適性が必要になってくるのだろう。

桜花賞【7.5.6.63】
忘れな草賞【2.0.1.8】
フローラS【1.3.1.39】
スイートピーS【0.1.0.2】
フラワーC【0.1.0.8】
矢車賞【0.0.1.0】
皐月賞【0.0.1.0】

続く2勝は前走・忘れな草賞組。勝率18.2%・連対率18.2%・複勝率27.3%、回収値は単勝98・複勝112と、「率」でも「回収値」でも他ローテ組と比較してトップクラスに高い。とはいえ、前走勝利して参戦した馬が過去10年で9頭と、ほとんどの馬がこのレースを勝ってから参戦しているので、その年の勝ち馬が通用するのかどうかの吟味は必要になってくる。

タガノエルピーダは昨年の朝日杯FSで勝ち馬のジャンダルマンタルから0秒2差の3着と好走しており能力の高さを証明済み。注目すべきは今年の忘れな草賞が過去10年で3番目に速いタイムだったという点。このレースに参戦し、オークスで3着以内だった3頭は全て「2分台」で勝利しており、それを上回るタガノエルピーダは十分資格があると見ていいだろう。ただし、阪神の前開催は全体を通して時計が速かったものの、この時期の牝馬が2000mを1分59秒4で快勝した反動については、追い切りや調整過程で取捨したいところだ。

Advertisement


一方、比較的相性が悪いといえるのが前走・フローラS組。勝率2.3%・連対率9.1%・複勝率11.4%、回収値は単勝20・複勝33と、いずれも上記の桜花賞組・忘れな草賞組以下。フローラSで3着以内に好走した馬だけを取り上げてみても【1.3.0.21】と成績は振るわず。フローラSで4着以下に負けてからオークスで3着以内に巻き返した馬も2016年3着のビッシュのみということで、今年の該当馬であるアドマイヤベル、ラヴァンダサンセットビューらは、いずれも高い評価ができない。

■スイートピーS組は複勝回収値466

注目は「複勝回収値466」の前走・スイートピーS組。サンプル数は3頭と少ないが、2019年にカレンブーケドールが2着(タイム差なし)、21年にはタガノパッションが惜しくも4着(0秒3差)、20年のデゼルは11着(0秒7差)と、全馬それなりに走っていることがわかる。あわや勝ちまであったカレンブーケドールは、先行して速い上がりも使える「操縦性とキレを併せ持つ差し馬」だったが、今年この組から参戦するコガネノソラも比較的似たようなタイプ。前走は道中の通過順【6-8-8】から上がり最速の末脚で大外から差し切って勝利した。3連勝中と勢いもメンバー中No.1なので、ヒモ穴として狙ってみるのは面白そうだ。

最後に連対1回の前走・フラワーC組。こちらもサンプル数は9頭と少ないが、連対・複勝率11.1%で、フローラS組より連対数・複勝率が若干高い程度。今年の勝ち時計1分48秒0は、過去10年で2番目に速い時計だが、それより速い時計で勝利した2019年のコントラチェックは9着に敗れている。勝ち時計は優秀でもこのローテからの出走馬には過剰な評価はできないだろう。

オークス(優駿牝馬)2024 予想コラム一覧

馬券攻略特集

◆【特集】出走予定・枠順、追い切り、予想オッズetc. お役立ち馬券攻略ガイド

◆【まとめ】芸能人・予想家の「オークス」本命・注目馬予想一覧 春GI・7戦連続◎3着以内の“軸指名の達人”は?

◆【まとめ】「オークス」大口投票パトロール チェルヴィニアの複勝に「土曜午前」から“100万円超”連発か

◆【高配当メソッド】ステレンボッシュに「勝率71.4%」該当も、5年連続“2桁人気”激走中で波乱含み

Advertisement


追い切り評価

◆【追い切り診断】最高評価「S」は王道・桜花賞組 併せ馬の遅れも問題なし、指揮官の“裏ミッション”も難なくクリア

◆【追い切り診断】桜花賞組を上回る高評価「A」は想定“8人気”前後 急成長と穴ジョッキーで「大仕事」の再現あり

◆【追い切り診断】桜花賞組の人気一角は……まさかの辛口「B」評価 併せ馬で大きく先着の背景に拭えぬ“問題点”

データ分析・過去傾向

◆【データ攻略】「3.2.0.0」該当の前走惨敗馬 “あっさり勝つ”可能性を秘めたハイスペック・ホースにロックオン

◆【データ攻略】「連対率100%」該当の想定3人気以内 “超鉄板級”が大げさではない裏付けは

◆【全頭診断】“最高の買い時”訪れた「3.2.0.0」該当馬 想定4人気内には「0%」の壁出現

◆【枠順傾向】打倒ステレンボッシュの一角に「勝率40%」 想定2桁オッズ馬が“馬券内率50%オーバー”で妙味

◆【血統展望】想定8人気以下に「複回収値150超」 “馬券内率50%”該当馬もガラリ一変警戒

穴馬予想・その他コラム

◆【穴馬アナライズ】前日“10人気”前後の爆穴 「あらゆる条件好転、馬体回復と距離延長で一発の予感」

◆【穴馬アナライズ】「メンタルの安定がもたらす激走のシナリオ、相手に押さえるべき」 単勝オッズ“2桁”の妙味

◆【穴馬アナライズ】「大人びたレース運びが魅力の穴候補、距離延長の心配なし」 想定“8人気”前後の伏兵

◆【危険な人気馬】前走桜花賞組の人気一角は“消し” 「馬券内率9.3%」の壁クリアが困難な2つの理由