Advertisement

【オークス/データ攻略】「連対率100%」該当の想定3人気以内 “超鉄板級”が大げさではない裏付けは

【オークス/データ攻略】「連対率100%」該当の想定3人気以内 “超鉄板級”が大げさではない裏付けは

今週は東京競馬場でオークス(芝2400m)が行われる。2年連続で春二冠馬が誕生している本レース。阪神JFや桜花賞との関連性が強い傾向にある一戦だ。

ここでは、過去10年からステレンボッシュスウィープフィートにフォーカスしたデータを取り上げる。

◆【オークス(優駿牝馬)2024予想/追い切り診断】ステレンボッシュ、遅れ問題なしの最高評価「S」 名伯楽が命じた“想定外の課題”クリアで牝馬2冠へ

■ステレンボッシュに“100%データ”該当

PR

UMAJIN競馬サロン2024春のキャンペーン

年明け初戦の桜花賞を制したステレンボッシュ。阪神JFで後塵を拝したアスコリピチェーノ相手に0秒1差と見事リベンジに成功した。GI馬の立場で臨む春二冠目の大舞台。最大のライバル・アスコリピチェーノ不在で単勝1倍台も考えられるが、戦前の高評価の裏付けとなるデータはこちら。

・桜花賞を4角5番手以下から勝利【4.1.0.0】

該当馬全頭が馬券内の“100%データ”に該当。アーモンドアイやデアリングタクト、リバティアイランドといった三冠馬のみならず、スターズオンアースのように当日3番人気と断然の支持を得ていなかった馬も勝利を収めている。桜花賞を差す競馬で勝った馬は“超鉄板級”とのデータだ。

ステレンボッシュについて補足すると、自身の血統表にはエピファネイアにルーラーシップ、スペシャルウィークにキングカメハメハ、エアグルーヴにダンスインザダークと東京芝2400mのGI好走馬がこれでもかと並ぶ。デビュー戦の1800mでも折り合いに問題がなかった点から、距離延長はむしろ歓迎のタイプ。3年連続での春二冠馬が誕生する可能性は十分だ。

■スウィープフィートに【0.0.0.6】の逆風

その一方で、桜花賞馬ステレンボッシュと0秒2差の接戦を演じたスウィープフィートには不安要素が浮上する。キャリア5戦中3戦で上がり3F最速の脚を繰り出す末脚は東京芝でこそ活きると捉えたいところだが、今回はローテーションが鬼門となる。

Advertisement


・年明け4戦目以上かつ前走馬券外【0.0.0.6】

該当馬はすべて馬券外と、目も当てられない成績に。暑い時季の東京芝2400mは牝馬にとって過酷な戦い。その一戦に臨むにあたり、消耗度を抑えつつパフォーマンスを上げていることが重要なのだろう。

小倉芝1200mでの初陣と、クラシック戦線を目指す馬としては異例のローテーションだったスウィープフィート。そこからチューリップ賞勝ち、桜花賞4着と実績を積み重ねたのは立派だが、未経験の東京適性を含めてマイナス材料が発生してしまう事実は否めない。

オークス(優駿牝馬)2024 予想コラム一覧

馬券攻略特集

◆【特集】出走予定・枠順、追い切り、予想オッズetc. お役立ち馬券攻略ガイド

◆【まとめ】芸能人・予想家の「オークス」本命・注目馬予想一覧 春GI・7戦連続◎3着以内の“軸指名の達人”は?

◆【まとめ】「オークス」大口投票パトロール チェルヴィニアの複勝に「土曜午前」から“100万円超”連発か

Advertisement


◆【高配当メソッド】ステレンボッシュに「勝率71.4%」該当も、5年連続“2桁人気”激走中で波乱含み

追い切り評価

◆【追い切り診断】最高評価「S」は王道・桜花賞組 併せ馬の遅れも問題なし、指揮官の“裏ミッション”も難なくクリア

◆【追い切り診断】桜花賞組を上回る高評価「A」は想定“8人気”前後 急成長と穴ジョッキーで「大仕事」の再現あり

◆【追い切り診断】桜花賞組の人気一角は……まさかの辛口「B」評価 併せ馬で大きく先着の背景に拭えぬ“問題点”

データ分析・過去傾向

◆【データ攻略】「3.2.0.0」該当の前走惨敗馬 “あっさり勝つ”可能性を秘めたハイスペック・ホースにロックオン

◆【全頭診断】“最高の買い時”訪れた「3.2.0.0」該当馬 想定4人気内には「0%」の壁出現

◆【枠順傾向】打倒ステレンボッシュの一角に「勝率40%」 想定2桁オッズ馬が“馬券内率50%オーバー”で妙味

◆【血統展望】想定8人気以下に「複回収値150超」 “馬券内率50%”該当馬もガラリ一変警戒

◆【前走ローテ】7勝の桜花賞組が断然 ヒモ穴は“想定8人気前後”で「複回収値466」のリステッド組

穴馬予想・その他コラム

◆【穴馬アナライズ】前日“10人気”前後の爆穴 「あらゆる条件好転、馬体回復と距離延長で一発の予感」

◆【穴馬アナライズ】「メンタルの安定がもたらす激走のシナリオ、相手に押さえるべき」 単勝オッズ“2桁”の妙味

◆【穴馬アナライズ】「大人びたレース運びが魅力の穴候補、距離延長の心配なし」 想定“8人気”前後の伏兵

◆【危険な人気馬】前走桜花賞組の人気一角は“消し” 「馬券内率9.3%」の壁クリアが困難な2つの理由

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家
競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。

【随時更新】マーメイドステークス2024 予想コラム一覧/過去10年データ

特集

◆【特集】「6番人気以下7勝、波乱必至の牝馬重賞」出走予定・枠順、予想オッズ、過去10年データ・傾向

◆【高配当メソッド】3連単10?30万馬券が8回発生 馬単万馬券も“ざら”にある、穴党が息巻くハンデGIII

穴馬予想

◆【危険な人気馬】勝率わずか「3.7%」の斤量増と馬券内率「9.0%」の血統では……重賞ウイナーは“消し”

データ分析・過去傾向

◆【血統展望】京都芝2000mで“ベタ買い推奨”の種牡馬 「あえて馬単2着付け」に妙味あり

◆【前走ローテ傾向】荒れるレースで複回収値「140超」の伏兵警戒 “10年で5勝”の前走条件戦は


PR

UMAJIN競馬サロン2024春のキャンペーン