Advertisement

【オークス/枠順】打倒ステレンボッシュの一角に「勝率40%」 想定2桁オッズ馬が“馬券内率50%オーバー”で妙味

【オークス/枠順】打倒ステレンボッシュの一角に「勝率40%」 想定2桁オッズ馬が“馬券内率50%オーバー”で妙味
オークス2024の枠順

JRAは16日、第85回オークス(優駿牝馬/GI、芝2400m)の枠順を発表した。

牝馬クラシック2冠目を目指すステレンボッシュは4枠7番、桜花賞3着のライトバックは7枠14番、同4着のスウィープフィートは7枠13番から発走する。

◆【オークス(優駿牝馬)2024予想/データ攻略】「連対率100%」該当の想定3人気以内 “超鉄板級”が大げさではない裏付けは

■人気サイドなら外枠有利

過去10年、どの枠からもまんべんなく好走馬が出現しており、極端な差はないものの、3番人気以内の成績を見ると、5~8枠が【6.4.1.4】勝率40.0%、複勝率73.3%、回収値は単勝251、複勝128なのに対して、1~4枠は【4.1.3.7】勝率26.7%、複勝率53.3%、回収値は単勝49、複勝82と下回る。また後者の4勝はすべて1番人気。人気サイドは内めの枠だとマークを受けたり、窮屈な競馬を強いられるリスクが高まるため、外めの枠のほうが力を出しやすい傾向だ。

今年5枠より外には、スウィープフィート、ライトバック、チェルヴィニアら上位人気勢が入った。一方でステレンボッシュはスムーズに運べるかがポイントになりそう。

回収値が100以上をマークするのが4枠【0.1.3.16】複回収値209と、5枠【3.2.0.15】単回収値127、複回収値106。4~5枠に入った馬のうち、前走上がり5位以内だった馬は【3.3.2.16】と安定した成績を残しており、さらに前走5番人気以内だった馬なら【3.3.2.8】勝率18.8%、複勝率50.0%、回収値は単勝159、複勝372にアップする。マークを受けやすい枠に入ったものの、ステレンボッシュの大崩れは考えづらい印象だ。また、想定8番人気前後でこれに該当するアドマイヤベルにも警戒したい。

【1.3.2.14】複勝率30.0%とトップを誇るのは1枠で、当日馬体重が460~499キロと比較的馬格のあるタイプが好走しやすく、その成績は【1.3.1.4】複勝率55.6%、複回収値170。前走もインを立ち回り内から脚を伸ばしたミアネーロは押さえた方がベター。510キロ前後の馬格で大きなストライドのクイーンズウォークはやや割り引きが必要かもしれない。

オークス(優駿牝馬)2024 予想コラム一覧

馬券攻略特集

◆【特集】出走予定・枠順、追い切り、予想オッズetc. お役立ち馬券攻略ガイド

Advertisement


◆【まとめ】芸能人・予想家の「オークス」本命・注目馬予想一覧 春GI・7戦連続◎3着以内の“軸指名の達人”は?

◆【まとめ】「オークス」大口投票パトロール チェルヴィニアの複勝に「土曜午前」から“100万円超”連発か

◆【高配当メソッド】ステレンボッシュに「勝率71.4%」該当も、5年連続“2桁人気”激走中で波乱含み

追い切り評価

◆【追い切り診断】最高評価「S」は王道・桜花賞組 併せ馬の遅れも問題なし、指揮官の“裏ミッション”も難なくクリア

◆【追い切り診断】桜花賞組を上回る高評価「A」は想定“8人気”前後 急成長と穴ジョッキーで「大仕事」の再現あり

◆【追い切り診断】桜花賞組の人気一角は……まさかの辛口「B」評価 併せ馬で大きく先着の背景に拭えぬ“問題点”

データ分析・過去傾向

◆【データ攻略】「3.2.0.0」該当の前走惨敗馬 “あっさり勝つ”可能性を秘めたハイスペック・ホースにロックオン

Advertisement


◆【データ攻略】「連対率100%」該当の想定3人気以内 “超鉄板級”が大げさではない裏付けは

◆【全頭診断】“最高の買い時”訪れた「3.2.0.0」該当馬 想定4人気内には「0%」の壁出現

◆【血統展望】想定8人気以下に「複回収値150超」 “馬券内率50%”該当馬もガラリ一変警戒

◆【前走ローテ】7勝の桜花賞組が断然 ヒモ穴は“想定8人気前後”で「複回収値466」のリステッド組

穴馬予想・その他コラム

◆【穴馬アナライズ】前日“10人気”前後の爆穴 「あらゆる条件好転、馬体回復と距離延長で一発の予感」

◆【穴馬アナライズ】「メンタルの安定がもたらす激走のシナリオ、相手に押さえるべき」 単勝オッズ“2桁”の妙味

◆【穴馬アナライズ】「大人びたレース運びが魅力の穴候補、距離延長の心配なし」 想定“8人気”前後の伏兵

◆【危険な人気馬】前走桜花賞組の人気一角は“消し” 「馬券内率9.3%」の壁クリアが困難な2つの理由

(SPREAD編集部)