Advertisement

【オークス/血統展望】想定8人気以下に「複回収値150超」 “馬券内率50%”該当馬もガラリ一変警戒

【オークス/血統展望】想定8人気以下に「複回収値150超」 “馬券内率50%”該当馬もガラリ一変警戒

今週末は、第85回オークス(優駿牝馬/GI、東京芝2400m)が行われる。

牝馬クラシック一冠目の桜花賞を制したエピファネイア産駒ステレンボッシュ、同レース3着のキズナ産駒ライトバック、前哨戦のフローラSを快勝したスワーヴリチャード産駒アドマイヤベルなど、多彩な血統構成の馬が集結。

ここでは、馬券検討のヒントとなる「血統」で本競走を攻略する。

◆【オークス(優駿牝馬)2024予想/データ攻略】「連対率100%」該当の想定3人気以内 “超鉄板級”が大げさではない裏付けは

■父サンデー系は相対的に不振?

過去10年の父系の成績を見てみると、父サンデーサイレンス(SS)系が【5.5.7.96】で勝率4.4%、複勝率15.0%と控えめな成績に。その他の系統が【5.5.3.51】、勝率7.8%、複勝率20.3%なので、サンデー系は相対的にやや不振と言える。SS系以外の種牡馬もしっかり狙える重賞だ。

父SS系のうち【3.3.2.28】のディープインパクト産駒以外に複数頭の産駒が好走しているのは【1.1.1.16】のハーツクライと【1.0.1.2】のゴールドシップだけ。

2400mという条件もあって、父SS系ではスタミナ色が濃い馬を狙いたいレースと言える。

そんな状況のなか、着々と戦果を挙げているのがドゥラメンテをはじめとする父キングカメハメハ系。この10年で【3.3.1.18】、勝率12.0%、複勝率28.0%なので、父SS系より狙いやすい系統と言える。

Advertisement


父キングカメハメハ系で狙いになるのがオークスまでに2勝以上を挙げていた馬。この10年で【3.3.1.9】で複勝率43.8%と安定感があるうえ、複勝回収率も162%なので配当妙味も見込める。

マイラーのキングマンボ、さらにはミエスクを祖先に持つキングカメハメハなので、自身も後継種牡馬たちも距離が延びてこそというタイプは少ない。

そのため、距離適性によるアドバンテージ、ちゃぶ台返しはなかなか見込めず、結果として白星を重ねるだけの脚力がある馬がシンプルに強いということになるのだろう。

今年の登録馬父キンカメ系は3頭いるが、そのうち2勝以上を挙げているのはミアネーロのみ。同系で狙うならこの馬になりそう。

■チェルヴィニアは母父の補強が追い風に

その他系統として注目したいのはハービンジャー産駒。今年はチェルヴィニアがその該当馬だ。

ハービンジャー産駒はオークスで【0.1.1.8】で複勝率20.0%。ここだけ見るとビミョーな感じがするものの、母父が芝マイルGI勝ち馬というプロフィールに限定すると【0.1.1.2】で複勝率50%。馬券になったモズカッチャンとナミュールはいずれもこの条件を満たしていた。

放っておくと父に似た晩成の芝12Fタイプになりがちなハービンジャー産駒なだけに、早期から動ける馬を出すには母父の芝マイラーから筋力やスピードを補強する必要があるということだろう。

Advertisement


チェルヴィニアの母父はキングカメハメハ。言わずと知れたNHKマイルC勝ち馬で、このパターンはモズカッチャンと同じ。配合的にはオークスで十分にやれるはず。

前走であまりにも何もなく敗れた点は気がかりだが、2歳時に見せたポテンシャルは間違いない。ルメール騎手が戻ってくるのが良い方に出れば、巻き返しがあっても驚けない。

あとは枠と週末の馬場コンディションを見つつ、最終結論に至りたい。

オークス(優駿牝馬)2024 予想コラム一覧

馬券攻略特集

◆【特集】出走予定・枠順、追い切り、予想オッズetc. お役立ち馬券攻略ガイド

◆【まとめ】芸能人・予想家の「オークス」本命・注目馬予想一覧 春GI・7戦連続◎3着以内の“軸指名の達人”は?

◆【まとめ】「オークス」大口投票パトロール チェルヴィニアの複勝に「土曜午前」から“100万円超”連発か

◆【高配当メソッド】ステレンボッシュに「勝率71.4%」該当も、5年連続“2桁人気”激走中で波乱含み

追い切り評価

◆【追い切り診断】最高評価「S」は王道・桜花賞組 併せ馬の遅れも問題なし、指揮官の“裏ミッション”も難なくクリア

◆【追い切り診断】桜花賞組を上回る高評価「A」は想定“8人気”前後 急成長と穴ジョッキーで「大仕事」の再現あり

◆【追い切り診断】桜花賞組の人気一角は……まさかの辛口「B」評価 併せ馬で大きく先着の背景に拭えぬ“問題点”

データ分析・過去傾向

◆【データ攻略】「3.2.0.0」該当の前走惨敗馬 “あっさり勝つ”可能性を秘めたハイスペック・ホースにロックオン

◆【データ攻略】「連対率100%」該当の想定3人気以内 “超鉄板級”が大げさではない裏付けは

◆【全頭診断】“最高の買い時”訪れた「3.2.0.0」該当馬 想定4人気内には「0%」の壁出現

◆【枠順傾向】打倒ステレンボッシュの一角に「勝率40%」 想定2桁オッズ馬が“馬券内率50%オーバー”で妙味

◆【前走ローテ】7勝の桜花賞組が断然 ヒモ穴は“想定8人気前後”で「複回収値466」のリステッド組

穴馬予想・その他コラム

◆【穴馬アナライズ】前日“10人気”前後の爆穴 「あらゆる条件好転、馬体回復と距離延長で一発の予感」

◆【穴馬アナライズ】「メンタルの安定がもたらす激走のシナリオ、相手に押さえるべき」 単勝オッズ“2桁”の妙味

◆【穴馬アナライズ】「大人びたレース運びが魅力の穴候補、距離延長の心配なし」 想定“8人気”前後の伏兵

◆【危険な人気馬】前走桜花賞組の人気一角は“消し” 「馬券内率9.3%」の壁クリアが困難な2つの理由

著者プロフィール

ドクトル井上
【重賞深掘りプロジェクト】血統サイエンティスト。在野の血統研究家。旧知のオーナーを中心として、セリや配合のコンサルティング業務を請負中。好きな種牡馬はダノンレジェンドとハービンジャー。苦手な種牡馬はMore Than Ready。凱旋門賞馬Ace Impactの血統表は芸術品なので、ルーヴル美術館に収蔵されるべきとわりと本気で考える三十路の牡馬。