Advertisement

【オークス/追い切り診断】ステレンボッシュ、遅れ問題なしの最高評価「S」 名伯楽が命じた“想定外の課題”クリアで牝馬2冠へ

【オークス/追い切り診断】ステレンボッシュ、遅れ問題なしの最高評価「S」 名伯楽が命じた“想定外の課題”クリアで牝馬2冠へ

第85回オークス(優駿牝馬/GI、東京芝2400m)には、桜花賞を制したステレンボッシュ、同3着のライトバック、最後方から追い込み4着に入ったスウィープフィート、オークスを大目標としてきたクイーンズウォークらが出走予定。

本記事では、出走各馬の追い切りを診断し「S」「A」「B」の3段階で評価した有力馬や穴馬をピックアップ。ここでは「ステレンボッシュ」を取り上げる。

◆【オークス(優駿牝馬)2024予想/追い切り診断】桜花賞組を上回る高評価「A」は想定“8人気”前後 急成長と穴ジョッキーで「大仕事」の再現あり

■ステレンボッシュ

PR

UMAJIN競馬サロン2024春のキャンペーン

【中間調整】重賞初挑戦だった阪神JFは中2週、初の関西競馬という厳しいシチュエーションながら、上がり最速の末脚を繰り出しアスコリピチェーノにクビ差の2着と好走を果たした。年明けは桜花賞に直行。阪神JF時同様、栗東滞在での調整で臨み、スムーズな競馬から今度はアスコリピチェーノに3/4馬身差をつけて勝利を収めた。

エピファネイア×ルーラーシップ、近親にヴァルコス(青葉賞2着など)がいる血統背景から、もとよりオークス向きと判断されていた馬。桜花賞でのダメージもなく、予定通り樫の舞台へ進むこととなった。5月3日に短期放牧先から美浦へ戻っており、5日にさっそくウッドでスムーズに末を伸ばした。1週前追いには今回初タッグを組む戸崎騎手が騎乗し、ウッドで併せ馬。素軽さを十分に保ったまま前2頭を追いかけ、楽々と併入に持ち込んでいる。

【最終追い切り】レース当週もウッドで2頭を追走する併せ馬 2頭をある程度先行させ、さらにその2頭へ国枝師から無線でペースアップの指示。差は大きく開いた状態でコーナーを迎えたが、ステレンボッシュは柔軟に対応しスルスルとギアを上げていく。ラストは1頭に併入、1頭にはわずかに遅れたが追走差とペースチェンジのことを考えればまったく問題ない。

【見解】1頭には遅れたが、ステレンボッシュ自身はまったく無理をしておらず、むしろ事前想定以上のペースアップにきちんと対応してわずかな差に持ち込んだあたりは、さすがと言える好内容だった。1週前の動きも豪快で、順調そのもの。キャリア最終期(2026年2月に調教師定年)にして、国枝師がまた2冠牝馬を送り出すことになりそうだ。

総合評価「S」

Advertisement


オークス(優駿牝馬)2024 予想コラム一覧

馬券攻略特集

◆【特集】出走予定・枠順、追い切り、予想オッズetc. お役立ち馬券攻略ガイド

◆【まとめ】芸能人・予想家の「オークス」本命・注目馬予想一覧 春GI・7戦連続◎3着以内の“軸指名の達人”は?

◆【まとめ】「オークス」大口投票パトロール チェルヴィニアの複勝に「土曜午前」から“100万円超”連発か

◆【高配当メソッド】ステレンボッシュに「勝率71.4%」該当も、5年連続“2桁人気”激走中で波乱含み

追い切り評価

◆【追い切り診断】桜花賞組を上回る高評価「A」は想定“8人気”前後 急成長と穴ジョッキーで「大仕事」の再現あり

◆【追い切り診断】桜花賞組の人気一角は……まさかの辛口「B」評価 併せ馬で大きく先着の背景に拭えぬ“問題点”

Advertisement


データ分析・過去傾向

◆【データ攻略】「3.2.0.0」該当の前走惨敗馬 “あっさり勝つ”可能性を秘めたハイスペック・ホースにロックオン

◆【データ攻略】「連対率100%」該当の想定3人気以内 “超鉄板級”が大げさではない裏付けは

◆【全頭診断】“最高の買い時”訪れた「3.2.0.0」該当馬 想定4人気内には「0%」の壁出現

◆【枠順傾向】打倒ステレンボッシュの一角に「勝率40%」 想定2桁オッズ馬が“馬券内率50%オーバー”で妙味

◆【血統展望】想定8人気以下に「複回収値150超」 “馬券内率50%”該当馬もガラリ一変警戒

◆【前走ローテ】7勝の桜花賞組が断然 ヒモ穴は“想定8人気前後”で「複回収値466」のリステッド組

穴馬予想・その他コラム

◆【穴馬アナライズ】前日“10人気”前後の爆穴 「あらゆる条件好転、馬体回復と距離延長で一発の予感」

◆【穴馬アナライズ】「メンタルの安定がもたらす激走のシナリオ、相手に押さえるべき」 単勝オッズ“2桁”の妙味

◆【穴馬アナライズ】「大人びたレース運びが魅力の穴候補、距離延長の心配なし」 想定“8人気”前後の伏兵

◆【危険な人気馬】前走桜花賞組の人気一角は“消し” 「馬券内率9.3%」の壁クリアが困難な2つの理由

著者プロフィール

西村武輝(にしむらぶこう)
【重賞深掘りプロジェクト】調教ライター。競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。UMAJINでは「競馬サロン」開設以前から毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。

【随時更新】宝塚記念2024 予想コラム一覧/過去10年データ

特集

◆【特集】出走予定・枠順、予想オッズetc. 「ドウデュース、春秋グランプリ制覇なるか」お役立ち馬券攻略ガイド

◆【高配当メソッド】ドウデュースとジャスティンパレスのワンツー決着はナシか 3連単52万馬券など波乱演出の“穴メーカー”に要警戒

穴馬予想

◆【危険な人気馬】前走ドバイ組“2強”の一角を消し ローテは「馬券内率ゼロ」、血統は「勝率1.3%」の事実

データ分析・過去傾向

◆【血統展望】人気ガタ落ちGI馬に“一発大駆け”警戒 ロングラン開催の最終週で「鬼脚」炸裂も

◆【前走ローテ】ドバイ組はSC以外「0.0.0.5」の黄信号 目黒記念組の“馬券内率100%”データが波乱演出か


PR

UMAJIN競馬サロン2024春のキャンペーン