Advertisement

【オークス/危険な人気馬】前走桜花賞組の人気一角は“消し” 「馬券内率9.3%」の壁クリアが困難な2つの理由

【オークス/危険な人気馬】前走桜花賞組の人気一角は“消し” 「馬券内率9.3%」の壁クリアが困難な2つの理由

今週は、牝馬クラシックの二冠目、第85回オークス(優駿牝馬/GI、芝2400m)が東京競馬場で行われる。

今年は牝馬2冠を目指す桜花賞馬ステレンボッシュが断然の主役。これに続くのが桜花賞3着のライトバック、4着のスウィープフィートら距離延長で逆転を目論む桜花賞敗戦組のメンバーだ。さらに別路線からは、忘れな草賞を制したタガノエルピーダ、フローラS覇者のアドマイヤベルなどが頂点を狙う。

そんな中、桜花賞8着から巻き返しを期すクイーンズウォークが、今回の「危険な人気馬」の標的となる。

◆【オークス(優駿牝馬)2024予想/枠順傾向】打倒ステレンボッシュの一角に「勝率40%」 想定2桁オッズ馬が“馬券内率50%オーバー”で妙味

■負けすぎの桜花賞……500キロ超えの大型馬の好走例なし

デビューから3戦、上がり3F33秒台の決め手を繰り出し、クイーンCでの豪快な勝ちっぷりから、桜花賞では3番人気に支持されたクイーンズウォーク。しかし、本番では中団からその爆発的な末脚は影を潜め、内めで窮屈なレースを強いられた影響もあり8着に敗れた。

引き続きリーディングジョッキー川田が手綱を取り、東京コースでの勝ちっぷりや、距離が延びて良さそうな血統背景を考えると、逆転候補の一角として人気を集めそうな印象だが、今回のオークスでは厳しい戦いになると予想する。

まず、過去10年のオークスにて前走桜花賞組の勝ち馬は7頭。そのすべてが桜花賞で3着以内に入っていた馬で、桜花賞で4着以下に敗れた馬がオークスで巻き返して勝利することは極めて厳しい。さらに6着以下に敗れた馬の成績は【0.1.3.39】で、馬券圏内に入るのもかなり難しいと言える。

また、近年は馬体が大型化の傾向にあるが、過去10年のオークスで勝利した10頭の馬体重は420~479キロと、スマートな体型の馬に好走例が集中している。一方、500キロ超えの馬は【0.0.1.8】と、2014年3着バウンスシャッセの好走例があるのみ。前走514キロだったクイーンズウォークにとって、オークスで好走するためには馬体重が大きな壁となるだろう。

Advertisement


クイーンCの勝ちっぷりが評価されているクイーンズウォークだが、当レースで破った2着アルセナールや3着ルージュスエルテなど、その後の出走レースで結果がひと息な点を考慮すると、そこまでレベルの高い一戦だったとは言えない印象がある。桜花賞敗戦組から、ステレンボッシュの対抗馬として支持を集めそうなクイーンズウォークだが、過去の傾向に照らし合わせると信頼度は低く、今回は思い切って「消し」でいきたい。

オークス(優駿牝馬)2024 予想コラム一覧

馬券攻略特集

◆【特集】出走予定・枠順、追い切り、予想オッズetc. お役立ち馬券攻略ガイド

◆【まとめ】芸能人・予想家の「オークス」本命・注目馬予想一覧 春GI・7戦連続◎3着以内の“軸指名の達人”は?

◆【まとめ】「オークス」大口投票パトロール チェルヴィニアの複勝に「土曜午前」から“100万円超”連発か

◆【高配当メソッド】ステレンボッシュに「勝率71.4%」該当も、5年連続“2桁人気”激走中で波乱含み

追い切り評価

◆【追い切り診断】最高評価「S」は王道・桜花賞組 併せ馬の遅れも問題なし、指揮官の“裏ミッション”も難なくクリア

◆【追い切り診断】桜花賞組を上回る高評価「A」は想定“8人気”前後 急成長と穴ジョッキーで「大仕事」の再現あり

Advertisement


◆【追い切り診断】桜花賞組の人気一角は……まさかの辛口「B」評価 併せ馬で大きく先着の背景に拭えぬ“問題点”

データ分析・過去傾向

◆【データ攻略】「3.2.0.0」該当の前走惨敗馬 “あっさり勝つ”可能性を秘めたハイスペック・ホースにロックオン

◆【データ攻略】「連対率100%」該当の想定3人気以内 “超鉄板級”が大げさではない裏付けは

◆【全頭診断】“最高の買い時”訪れた「3.2.0.0」該当馬 想定4人気内には「0%」の壁出現

◆【枠順傾向】打倒ステレンボッシュの一角に「勝率40%」 想定2桁オッズ馬が“馬券内率50%オーバー”で妙味

◆【血統展望】想定8人気以下に「複回収値150超」 “馬券内率50%”該当馬もガラリ一変警戒

◆【前走ローテ】7勝の桜花賞組が断然 ヒモ穴は“想定8人気前後”で「複回収値466」のリステッド組

穴馬予想・その他コラム

◆【穴馬アナライズ】前日“10人気”前後の爆穴 「あらゆる条件好転、馬体回復と距離延長で一発の予感」

◆【穴馬アナライズ】「メンタルの安定がもたらす激走のシナリオ、相手に押さえるべき」 単勝オッズ“2桁”の妙味

◆【穴馬アナライズ】「大人びたレース運びが魅力の穴候補、距離延長の心配なし」 想定“8人気”前後の伏兵

◆著者プロフィール

石川豊●いしかわゆたか
20代から競馬メディアに寄稿。「ユタカ人気」と言われた時代、武豊が騎乗する過剰人気馬をバッサリと切り捨てる馬券術を駆使し、年間回収率100%超に成功。以来、「1番人気の勝率は3割」を念頭に、残り7割の可能性を模索し、「危険な人気馬」理論を唱え続ける。