Advertisement

【エプソムC】波乱か否か、天気がカギを握る……4年前は“3連単421万円”の夢馬券「高配当メソッド」

【エプソムC】波乱か否か、天気がカギを握る……4年前は“3連単421万円”の夢馬券「高配当メソッド」
[過去10年]エプソムカップ2024の人気傾向

9日に東京競馬場で第41回エプソムC(GIII、芝1800m)が行われる。

今年は、古馬混合重賞2連敗と巻き返しを狙う4歳馬レーベンスティール、3連勝中の上がり馬ジェイパームス、長期休養明けかつOPクラス昇級初戦の前走で2着したトゥデイイズザデイ、1年2カ月ぶりの復帰戦となるヴェルトライゼンデらが出走予定。

ここでは過去10年のデータから「配当傾向」を分析して、レース傾向および“儲かる買い方”をジャッジする。

◆【エプソムカップ2024予想/過去10年 枠順傾向】1~4枠はわずか勝率2.8% 「馬券内率60%」該当の想定6人気前後に穴妙味?

■渋った馬場なら人気サイドは危うい

PR

UMAJIN競馬サロン2024春のキャンペーン

過去10年で2桁人気馬の好走があったのは2020年18番人気のトーラスジェミニのみ。好走馬30頭中29頭が9番人気以内を占めており、基本的には2桁人気馬は軽視してよさそう。

1番人気は【2.2.1.5】、2番人気が【3.0.2.5】でいずれも複勝率50.0%を記録するが、上位2頭が揃って好走した年は10回中、2015年の1回のみ。一方で1~3番人気以内は【6.3.3.18】だが、3頭揃って馬券外に飛んだのは2020年だけ。この年は不良馬場で、前述のトーラスジェミニが逃げて3着に粘り込んだ。

人気サイドの好走率は馬場が悪くなるほど下がっており、良馬場なら【4.3.1.7】勝率26.7%、複勝率53.3%、稍重以上は【2.0.2.11】勝率13.3%、複勝率26.7%と半減する。執筆現在、今週末は晴れ予報なので、人気サイドから軸を選んでいいだろう。

馬連の平均配当は4188円で、3桁配当が2回、10~20倍台が4回でそれ以上が4回あるが、先にも述べたように荒れたのは馬場が渋った年。良馬場開催の平均配当が2248円で稍重以上だと6128円。3連複の平均配当は8万530円だが、こちらも良馬場開催時7450円に対して、稍重以上は15万3610円と大きな差がある。

Advertisement


とはいえ、1、2番人気が揃って好走したのは1回のみという傾向から、ガチガチ決着とまではいかなさそう。1番人気か2番人気どちらかを軽視した馬券を組み立てた方がベターだろう。2連系、3連系の馬券いずれも点数を調整すれば期待値込みで好配当にはありつけそう。

また、4~9番人気の伏兵【4.7.6.43】のうち、当日逃げまたは先行した馬の成績は【4.4.3.12】複勝率47.8%をマーク。妙味を狙うなら前で競馬ができる馬を狙いたい。

エプソムカップ2024 予想コラム一覧

特集

◆【まとめ】「ジャパンC3着・ヴェルトライゼンデが復帰」出走予定・枠順、予想オッズ、過去10年データ・傾向

◆【まとめ】芸能人・予想家の「エプソムカップ2024」本命・注目馬予想一覧

◆【まとめ】「エプソムカップ2024」大口投票パトロール 2桁オッズの“伏兵”に先行投資か

追い切り評価

◆【追い切り診断】最高評価「S」は想定8人気前後の“穴馬” 豪快な脚捌きで「さっそく結果を残す」

Advertisement


◆【追い切り診断】素質、実力上位も辛口「B」評価 「併せ馬でも手応え劣勢」でレベルダウン

◆【追い切り診断】「高い能力しっかり維持」の単勝30倍超に“高評価” 稽古に変化、本番でもピリッとしてくる

データ分析・過去10年傾向

◆【過去10年 枠順傾向】1~4枠はわずか勝率2.8% 「馬券内率60%」該当の想定6人気前後に穴妙味?

◆【過去10年データ攻略】人気落ち想定の実績馬に「2.1.0.1」 “敗戦後でも軸推奨”の理由は

◆【過去10年データ攻略】ヴェルトライゼンデとトゥデイイズザデイの「買い or 消し」 池江厩舎2頭で“バッサリ切る”候補は

◆【血統展望】「昨年は3着以内独占」 “欧州の首領”が躍動するレースで狙いたい馬は?

◆【前走ローテ】ルメール騎乗でもレーベンスティールに“黄信号”か 穴なら「馬券内率60%」のGIII組

穴馬予想・その他コラム

◆【穴馬アナライズ】「戦績が示す通りのサウスポー、実績を考えれば過小評価」 前日“6人気”前後の伏兵

◆【穴馬アナライズ】「前走はゲート開いた瞬間にノーチャンス、持久力勝負ならば」 前日“10人気”以下の爆穴

◆【穴馬アナライズ】前日“8人気”以下の妙味 「距離適性が強み、前走内容がここまでフロック視されるなら……」

◆【危険な人気馬】人気一角の重賞ウイナーは“消し” 立ちはだかる「0.0.1.43」の不穏データ

◆著者プロフィール

シャト美(しゃとみ)
馬とお酒をこよなく愛する競馬女子。シャト美の由来は、強さと美しさを兼ね備えた名馬タイキシャトルより。馬券は無駄な買い目を削ぎ落とし、少点数の馬連、馬単、ワイドがメイン。現在はUMAJIN内『競馬サロン』にて予想コラム、『SPREAD』では、シビアに馬券と向き合う「高配当メソッド」を執筆中。

【随時更新】マーメイドステークス2024 予想コラム一覧/過去10年データ

特集

◆【特集】「6番人気以下7勝、波乱必至の牝馬重賞」出走予定・枠順、予想オッズ、過去10年データ・傾向

◆【高配当メソッド】3連単10?30万馬券が8回発生 馬単万馬券も“ざら”にある、穴党が息巻くハンデGIII

穴馬予想

◆【危険な人気馬】勝率わずか「3.7%」の斤量増と馬券内率「9.0%」の血統では……重賞ウイナーは“消し”

データ分析・過去傾向

◆【血統展望】京都芝2000mで“ベタ買い推奨”の種牡馬 「あえて馬単2着付け」に妙味あり

◆【前走ローテ傾向】荒れるレースで複回収値「140超」の伏兵警戒 “10年で5勝”の前走条件戦は


PR

UMAJIN競馬サロン2024春のキャンペーン