【MLB】「未だ全盛期であることを忘れるな」フリーマンが値千金の決勝打でドジャース逆転勝ち、大谷翔平は2安打

 

H.Ariga/SPREAD編集部

【MLB】「未だ全盛期であることを忘れるな」フリーマンが値千金の決勝打でドジャース逆転勝ち、大谷翔平は2安打
ドジャースの主砲フレディ・フリーマン(C)ロイター

ドジャース大谷翔平投手は14日(日本時間15日)、本拠地でのロイヤルズ戦に「2番DH」で先発出場。4回裏の第2打席に右前打、6回裏の第3打席に中前打を放ち、8試合ぶりのマルチ安打を記録。4打数2安打で打率.309としている。

試合は序盤劣勢のドジャースが、フレディ・フリーマン内野手の決勝適時打で逆転勝利した。

◆【実際の動画】本当に頼りになる男!フリーマンの勝ち越しタイムリーが決勝点に、ドジャース逆転勝利

■34歳のベテランを地元メディア称賛

この日は、序盤に相手先発コール・ラガンズ投手が好投。最速98.3マイル(約158.2キロ)のフォーシームに抑え込まれ、ドジャース打線は3回まで無安打に。3点ビハインドの4回裏に大谷がチーム初安打を記録すると、続く5回裏にはミゲル・ロハス内野手の2ランとクリス・テイラー外野手のソロで試合を振り出しに戻した。

3-3の同点で迎えた8回裏には、安打で出塁したムーキー・ベッツ内野手を二塁に置いて、フリーマンが値千金の決勝適時打を放って勝ち越し。接戦をものにしたドジャースが4-3で逃げ切った。

米メディア『ドジャース・ネーション』の公式Xは、「フレディ・フリーマンも未だ全盛期であることを忘れるな。ドジャースがもっとも彼を必要とするときに活躍する。このチームは特別だ」と、貴重な一打を放った34歳のベテランを絶賛した。

大谷はこの試合、4打数2安打で8試合ぶりのマルチ安打を記録。打率.309としている。

◆【速報/動画アリ】大谷翔平、剛球左腕から“8試合ぶりマルチ”中前打 米メディア「心配はしていない」

◆【動画アリ】大谷翔平、第2打席“170キロ”右前打で出塁 チーム初安打でチャンスメーク「完全試合を破った」

Advertisement


◆大谷翔平が球場の“ゴミを拾う理由”を現地メディアが解説 「誰もが彼から学ぶべきだ」と海外ファン