【MLB】「自信を持って投げた」ピンチで大谷翔平を三振に仕留めたロッキーズ右腕、歓喜爆発 指揮官も「全力を出し切った」と称賛

【MLB】「自信を持って投げた」ピンチで大谷翔平を三振に仕留めたロッキーズ右腕、歓喜爆発 指揮官も「全力を出し切った」と称賛
ロッキーズのジェイク・バード(C)Getty Images

ドジャース大谷翔平投手は、19日(日本時間20日)、敵地でのロッキーズ戦に「1番DH」で先発出場。5打数2安打3打点と活躍し、打率は.317となった。試合は7-6 でロッキーズがサヨナラ勝ち。バド・ブラック監督や救援右腕ジェイコブ・バード投手が、大谷との対戦を振り返った。米地元紙『デンバー・ポスト』などが伝えている。

◆「大谷翔平とアーロン・ジャッジがトップ」最新のMVPパワーランキングを発表 大谷が最優秀選手ランキング1位に

■最後は低めスライダーで見逃し三振

前日の同カードで特大の20号本塁打を放った大谷。この日も3点を追う2回2死満塁の場面で、同点に追い付く走者一掃の適時二塁打を放った。また、6回2死無走者の第4打席でも右前打をマーク。4試合連続マルチ安打を記録する活躍ぶりを見せ、ロッキーズとしては勝負を避けたい存在となっていた。

そして、6-6の同点で迎えた8回に最大のヤマ場が訪れた。ドジャースは2死一、二塁と勝ち越しのチャンスで大谷が打席に立ち、マウンドには3番手右腕バード。手に汗握る対戦は、初球の甘く入ったシンカーがファウルとなり、2球目もファウル。カウント0-2とバードが追い込み、3球目は低めいっぱいにスライダーが決まった。大谷は手が出ず、3球三振。この瞬間、バードは歓喜の雄叫びをあげて、ガッツポーズ。最大のピンチを免れたロッキーズは、9回のサヨナラ劇で勝利を収めた。

■「感情を表に出すことは問題ない」

勝負の行方を決めた8回について、ブラック監督は「ドジャース打線がバードにプレッシャーをかけ続けたため、彼はエネルギーを消耗していたが、オオタニを迎えて良い投球をした」と振り返った。そして「1球目は打たれそうなボールだったが、オオタニがファウルにした。そして、最後は外角低めの変化球で三振に打ち取った。バードは全力を出し切ったね。本当に良いイニングだった。彼が感情を表に出したのも当然だったし、そうすることは、まったく問題ない。選手たちにはやりたいようにやらせてあげて欲しい」と話し、救援右腕を称えた。

大谷を抑えたバードは「対戦相手のことや相手打者のことは考え過ぎないようにしている」と明かし、自然体で臨んだと強調。その上で「できる限り自信を持って投げたかっただけだ。ボールがストライクゾーンを外れ、それに打者が手を出してくれれば最高だし、今回のようにストライクゾーンに入ってくれたら、それも最高だ。とにかく大事なのは自信を持って投げることだった」と話した。

◆負傷者続出ドジャースに大型トレードの提案 「若手7選手を放出し、ホワイトソックスからロベルトJr.獲得を」と米メディア

◆「簡単に埋まる穴ではない」大谷翔平、ベッツ離脱について言及 週末は古巣エンゼルス戦「楽しみにしてます」

◆大谷翔平、殿堂入り外野手に並ぶ「42本&19盗塁&8三塁打」 米データ会社が注目、ド軍1年目で記録更新も射程圏内

Advertisement