とんねるず石橋貴明、原口文仁の代打弾に「ナイスホームラン」…山﨑康晃と3人で帝京魂

とんねるずの石橋貴明さんが7月12日にインスタグラムを更新した。

東京ドームで行われたプロ野球オールスターゲーム第1戦を観戦した石橋さんは、帝京高校の後輩である原口文仁選手(阪神タイガース)、山﨑康晃投手(横浜DeNAベイスターズ)との3ショットを投稿した。

9回に代打ホームランを放った原口選手。石橋さんも「原口ナイスホームラン!」と後輩の活躍を喜んだ。

大腸がんからの復帰後初アーチ

今年1月に大腸がんを患っていることを自身のツイッターで公表した原口選手。手術とリハビリを経て6月に1軍合流すると、交流戦では指名打者や捕手で久しぶりの出場を果たした。

オールスターには「プラスワン投票」で選出された。出番が回ってきたのは5点ビハインドの最終回、2アウト1塁の場面だった。代打で送り出された原口選手は左中間に一矢報いる2ラン。

この一発で原口選手はオールスター第1戦の敢闘選手賞を受賞した。

大病を克服した復帰後初アーチ(2軍戦を除く)がオールスターでの代打ホームラン。原口選手の劇的な一打に石橋さん、山﨑投手も嬉しそうに目を細めた。

原口選手のホームランにはファンからも感動の声が寄せられている。

  • ナイス帝京魂!!
  • 打った瞬間に立ち上がっちゃいましたよ! 本当に鳥肌もんでした
  • 鳥肌立ちました!!!原口選手カッコよすぎです!!!!

≪関連記事≫
杉谷拳士、後輩・原口文仁とツーショット「いつもニコニコ」 多くのファンに愛される帝京コンビ

恋愛の質問にも直球回答!山﨑康晃がファンの質問に答える

インタビュー

狩野舞子が“リアルな”新作ゲーム『スパイク バレーボール』に挑戦したら「バレーボールあるある」が満載だったPR

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします