アイルランド代表 キアン・ヒーリーが兵庫県三木市で鍛冶体験 「素晴らしい体験」

Dublin , Ireland - 26 November 2016; Cian Healy of Ireland following the Autumn International match between Ireland and Australia at the Aviva Stadium in Dublin. (Photo By Cody Glenn/Sportsfile via Getty Images)

ラグビーアイルランド代表のキアン・ヒーリー選手が、兵庫県三木市で日本伝統の鍛冶仕事を体験した。

ヒーリー選手はナイフ作りに挑戦する動画と「今日は、日本の三木市にある熟練の刃物職人・田中誠貴さんの鍛冶場で、素晴らしい体験をしました」というコメントをアップしている。

初挑戦でも出来栄えには満足

ヒーリー選手は熱く焼けた鉄をハンマーで叩きながら整形し、少しずつ理想とする形に近づけていく。横で見守りながら手助けする田中さんのアドバイスに従い、ヒーリー選手は真剣な表情で刃物と向き合った

「パワーハンマーを使うのは初めてだったけど、とても素晴らしい体験になりました。結果も悪くない!」

ヒーリー選手はお世話になった『田中一之刃物製作所』の来歴も紹介している。

「田中さんは4代目の職人です。以前は鎌を作っていましたが、現在はナイフを作るようになり、その作品は世界中で販売されています」

過去には「ロリータ包丁」を制作した工房

田中一之刃物製作所は明治末期に鎌の製造からスタート。包丁の製造は平成6年に開始した。

伝統工芸を広く周知する活動にも積極的な田中さんは、2016年にコスプレ用の武器を製造している『匠工芸』と協力し、ゴスロリの世界観を取り入れた『ロリータ包丁』を制作。

その挑戦的な作風がインターネットを中心に話題となった。

≪関連記事≫

トンプソン・ルーク、アイルランド戦後インタビューに反響 「めっちゃ嬉しい」「次の試合めっちゃ大事」

ローリー・ベストってどんな選手?主将としてチームを牽引する大ベテランで、3人の子供を持つパパ

ロブ・カーニーってどんな選手?欧州最優秀選手に選出経験のあるベテラン

ジョナサン・セクストンってどんな選手?世界最優秀選手に選ばれた、欧州を代表する司令塔


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします