廣瀬俊朗、元サモア代表フレディ・ツイランギとの2ショットを公開「優しくて、強い人」

10月5日、『ラグビーワールドカップ2019日本大会(W杯)』で日本代表がサモア代表に38-19で勝利。史上初のベスト8進出に向け大きく前進した。

試合後、元日本代表主将の廣瀬俊朗さんがインスタグラムを更新。元サモア代表のフレディ・ツイランギさんとのツーショットを公開し、「とても優しくて、強い人に出会えた」「ありがとう」と綴った。

ツイランギさんもインスタグラムを更新。ツイランギさん、廣瀬さんに加えて、前回大会で日本代表として活躍した五郎丸歩選手も登場するスリーショットを公開し、「The legendary(伝説)」とコメントした。

 

この投稿をInstagramで見る

 

The legendary @toshiakihirose #Rugby World Cup #Japan v Samoa 🇼🇸

Freddie Tuilagiさん(@freddietuilagi)がシェアした投稿 –

「強くて優しい人」フレディ・ツイランギ

フレディ・ツイランギさんは7人兄弟の長男。兄弟のうち6人がラグビー選手としてのキャリアを持ち、5人はサモア代表でのプレー歴がある。

また6男のマヌ・ツイランギ選手はイングランド代表として今大会に出場。9月22日に行われたトンガ戦では2トライを挙げ、今大会一番乗りでベスト8進出を決めたイングランドの勝利に貢献している。

≪関連記事≫

姫野和樹が故郷でW杯初トライ 勝利を報告「地元での試合楽しかったです!」

レメキの突破力と献身性が日本のチャンスを作る 注目を集めた75分のプレー

中島イシレリが長谷川慎コーチと情熱的なハグ グラウンド上で喜びを表現

日本とサモア、死闘後に互いを称え合う「ノーサイド」 田村優とトゥシ・ピシのユニフォーム交換

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします