代表落選の森重真人、そのときチームメイトが取った行動は?心温まるエピソードを公開

FC東京のDF森重真人選手が5月21日にインスタグラムを更新して、チームメイトたちとの心温まるやり取りを投稿した。

森重選手は今シーズンのJ1制覇により一層の気合いを込めている。

ガーナ戦の代表メンバーから漏れた森重真人

30日にガーナ代表との親善試合を戦うサッカー日本代表は、18日に招集メンバー27名を発表した。

これがワールドカップ(W杯)前に国内で行う最後の試合であり、サプライズやアクシデントがなければ、基本的にはここからロシアでの本大会を戦う23名が選抜される。

しかし、その27名のなかには2大会連続の出場を目指した森重選手の名前はなかった。

気持ちを切り替えて目指すはJ1制覇

失意の森重選手を元気づけたのは、同じチームの太田宏介選手と永井謙佑選手だった。

2人は「東京で優勝しよう!」と力強いメッセージが入ったシャツを手渡し、森重選手と一緒にJ1制覇を祝いたい気持ちを伝えた。

その心づかいに「こうやって励ましてくれていつもチームを明るくしてくれる」と感謝し、森重選手の顔には自然と笑みが浮かぶ。

しかし、もらったシャツを裏返してみると、背中には『ザックJAPAN』の文字と日の丸。

前回大会をアルベルト・ザッケローニ監督の下でプレーした森重選手に対する、2人からのイジりだろうか。

「色々とツッコミどころは満載ですが。。。笑」とコメントする森重選手に、いたずらっぽく笑う永井選手の少年のような笑顔、してやったりでドヤ顔の太田選手と3人の表情の違いが楽しめる。

チームの雰囲気がいいことを感じさせる投稿に、「私達も森重選手と優勝したい!その為に今まで以上に全力で応援します!」「森重選手、絶対に優勝しましょう」「東京で優勝、ACLで優勝して世界に行きましょう!」「リーグ優勝しましよう!」など、ファンも応援に一層の気合いを込めていた。

 

太田宏介と長谷川アーリアジャスールがユニフォーム交換!数年経っても変わらない友情が熱すぎる

武藤嘉紀の充実した1日…FC東京メンバーとの食事会からの高地トレーニング

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします