イングランド代表 ダン・コール「エディーの言葉には全て意味がある」

2015年のラグビーワールドカップ(W杯)イングランド大会は、イングランド代表にとって悪夢のような体験となった。

地元開催で大きな期待をかけられながら予選プール敗退。プール敗退はイングランド史上初で、開催国のプール敗退も初めての出来事だった。

大きな批判を浴びたイングランドは、同大会で日本代表を躍進させたエディー・ジョーンズHC(ヘッドコーチ)と契約を結び、史上初の外国人指揮官を招へいした。

プロップのダン・コールはジョーンズHCに信頼

イングランド大会で全4試合にプロップ(PR)として出場したダン・コール選手は、代表チームで自分のやるべきことに悩んでいた。そんな彼とジョーンズHCは膝をつき合わせ、じっくりと話し合った。

「エディーは私に、君の仕事はスクラムを押し、タックルをし、モールエリアでフィジカルをリードすることだと言いました。30メートルのパスを投げたり、ウイングにチップキックを蹴ってくれとは言いませんでした」

与えられた場で全力を尽くす。指揮官がコール選手に求める役割は明確だった。

「そのポジションで何をすべきか正確に伝えられれば、何に集中し、達成すべきかが分かります。エディーには明確な目標があります。私たちには目指しているものがあります。全員がチームとして仕事をすれば、残りのことはついてくるでしょう

ジョーンズHCは瞬く間にイングランド代表を立て直した。欧州6ヶ国対抗戦(シックス・ネイションズ)では2016年、2017年と連続で優勝。特に2016年はグランドスラム(全勝優勝)を達成している。

イングランドがシックス・ネイションズでグランドスラムを達成するのは、W杯で優勝した2003年以来のことだった。

エディーの言葉には全て意味がある」とコール選手はジョーンズHCに信頼を置く。

参考:https://www.englandrugby.com/news/article/rugby-world-cup-my-story-dan-cole-england-prop?sf222466852=1&fbclid=IwAR3Yv4gWiJAOcNZBjR6xPAEwBLjx_oJnNmWORPhnX7HdrWztlxrbBqzr87E

≪関連記事≫

五郎丸歩、イングランドV字ラインは「RWC2019の象徴となるだろう」

イングランド、オールブラックスのハカにV字で応戦 オーウェン・ファレルは不敵な笑み

会見でエディ・ジョーンズ節 「イングランドが勝つと思う人は手を挙げて」

イングランド代表、だるま落としに挑戦 オーウェン・ファレルは完全制覇

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします