7人制ラグビー・松井千士「認めてもらうには勝つしかない」 敗戦のフィジー戦から切り替え、ニュージーランド撃破

7人制ラグビー(セブンズ)日本代表も参加する『オセアニアラグビーセブンズチャンピオンシップ2019』が11月7日に開幕した。

日本代表は初日に2試合を戦い、1試合目のニューカレドニア戦は50-0で勝利したが、リオ五輪金メダルのフィジーには0-31で敗れた

日本の男子セブンズは、昨季のワールドセブンズシリーズに参戦したものの、コアチーム(15チーム)中最下位の15位に終わり、東京オリンピック直前の2019-20シーズンはフル参戦できないことが決まった。

今季は12月5日から始まる男子ワールドセブンズシリーズ開幕戦ドバイ大会など、いくつかの大会に招待参加が決まっている。オセアニアセブンズ参戦はドバイ大会前の強化の意味合いを持つ。

敗戦から切り替えオールブラックス撃破

フィジー戦後、セブンズ日本代表の松井千士選手がツイッターを更新。フィジー戦の結果を「これが現実。世界1位との差はまだまだ埋めれてない」と真摯に受け止めながら、すぐに翌日のニュージーランド戦へ頭を切り替えた。

「落ち込んでても、セブンズは次の日に試合がある。切り替えて明日NZ(オールブラックス)との試合に向けて準備!!認めてもらうには善戦やあかん!勝つしかない!!」

そして迎えた8日のニュージーランド戦には17-14で勝利。松井選手もトライを決め、昨季ワールドセブンズシリーズ3位の相手から大金星を挙げた。

スピーディーな展開が魅力の7人制ラグビー

7人制ラグビー(セブンズ)は2016年のリオ五輪から正式採用されたオリンピック種目。セブンズワールドカップも4年に1度開催される。

15人制ラグビー(ユニオン)と同じフィールドを使って行うが、人数は半分の7人になるためボールが大きく動き、試合の展開も早い。激しいぶつかり合いが見どころのユニオンに対し、セブンズはコンタクトを避けてステップやスピードで抜いていく

試合時間は40分ハーフのユニオンに対し、セブンズは7分ハーフ。大会の決勝は10分ハーフで行う場合もある。

セブンズは試合間隔もユニオンより短く、1日で2試合、3試合を戦うこともある。そのため大会期間が短いオリンピックの種目に採用された。

オセアニアセブンズはオセアニアラグビーの公式ツイッターでライブ中継もされている。

≪関連記事≫

藤田慶和「みんなで乗り越えた」 セブンズ日本代表が砂漠で坂道ダッシュ

藤田慶和ら7人制ラグビー日本代表も南アフリカ戦を応援 「次は僕たちがオリンピックで最高の戦いを」

福岡堅樹、山縣亮太らと競技を越えた集い 来年の東京五輪に向け

福岡堅樹「奇跡なんかじゃない!」 アイルランド撃破もゲームプランどおり

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします