藤田慶和「みんなで乗り越えた」 セブンズ日本代表が砂漠で坂道ダッシュ

砂丘を上ってフィジカル強化だ! 男子7人制ラグビー(セブンズ)日本代表の藤田慶和選手が11月5日にインスタグラムを更新し、フィジー合宿での練習風景を公開した。

そそり立つ壁のような砂丘を何度も上り下りした藤田選手は、そのつらさを「ここまでハードな坂道ダッシュは初めて」と評した。

「みんなで乗り越えた砂漠トレーニングでした」

東京五輪へセブンズ王国フィジーで強化

日本の男子セブンズは2016年のリオ五輪初戦で、ニュージーランド代表に14-12で勝利。強豪撃破の波にも乗って4位入賞を果たした。来年の東京五輪ではメダル獲得を目指す

(c)Getty Images

日本が4位だったリオ五輪で金メダルを獲得したのがフィジーだ。日本代表はセブンズ王国フィジーで地元のクラブチームやフィジー代表と試合形式の練習をしたほか、フィジー代表がトレーニングに使用する砂丘で同代表のコーチから指導を受ける機会も得た。

何度も砂丘を上り下りする選手たち。さらに最終セッションではスクラムを組んで上る。藤田選手が投稿した4枚目の写真ではスクラムの上に人を乗せているが、これは「落としたら最初から」のペナルティ付き。

やり遂げた選手たちの顔には、疲労感だけでなく達成感も浮かぶ

日本代表はこの後、7日から行われる『オセアニアセブンズ』に参加する。

≪関連記事≫

藤田慶和ら7人制ラグビー日本代表も南アフリカ戦を応援 「次は僕たちがオリンピックで最高の戦いを」

福岡堅樹、山縣亮太らと競技を越えた集い 来年の東京五輪に向け

南アフリカ代表が凱旋 空港を埋め尽くすファンに迎えられる シヤ・コリシ主将を称える「シヤ」コールも

藤田慶和、合宿中にメンバーとオフショット お揃いのTシャツのクセがすごい

 

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします