「ONE TEAM」が流行語大賞に 代表選手の集合写真とともに日本ラグビーフットボール協会がコメント

『2019ユーキャン新語・流行語大賞』が12月2日に発表され、ラグビー日本代表のスローガンONE TEAM」が年間大賞に選ばれた

この発表に中村亮土選手、山中亮平選手がツイッターを更新して反応。中村選手は「本当に嬉しいですね!ラグビー日本代表が示してるものが日本、世界に理解してもらえて良かった!」と喜び、山中選手は「嬉しい。ONE TEAMやっぱりいい言葉だ!!!」と笑顔の絵文字を連ねた。

ツイッターでは日本ラグビーフットボール協会も喜びの投稿。「ジョセフHC就任時に、チームを一つにという想いで選手・スタッフで考案した言葉が、多くの方に愛され本当に嬉しく思います」と受賞にコメントし、代表選手たちの集合写真をアップ。その写真の自由度の高さにも注目が集まっている。

楽しそうな雰囲気の集合写真

『ラグビーワールドカップ2019日本大会(W杯)』で史上初のベスト8進出を果たした日本代表。様々なルーツを持つ選手たちが集まり、一体となって新たな歴史を作った。

選手たちが思い思いのポーズで撮影に臨む中、最前列の田中史朗選手は隣のトンプソン・ルーク選手の肩にもたれ掛かり、頭を抱かれている。その隣ではリーチ・マイケル主将を中心に足を組み、後列でもピースサインや、わざとカメラから目線を外すなど楽しい雰囲気になっている。

この写真にファンからは「めっちゃオチャメなメンバー」「めっちゃいい写真!!」「史さんとトモさんコンビ可愛いがすぎる!」などのコメントが寄せられた。

≪関連記事≫

『新語・流行語大賞』にラグビーW杯から5つノミネート それぞれの言葉の意味を紹介

決勝で見せた南アフリカの強力なスクラム 日本の底力に再度脚光が当たる

ラグビー日本代表、台風19号の被害を受けた千葉県富津市でボランティア活動に参加

田中史朗は大会中の印象的なプレーを聞かれると、感慨深げな表情でゆっくりと「すべてですね」と答えた

ラグビーレジェンドたちが語るジャパンラグビーの戦い 「すべてが模範になる」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします