太田宏介、サッカー部同級生ぺこぱ・シュウペイのM-1に「夢見させてもらった!」

12月22日、コンビ結成15年目までの漫才師による漫才日本一決定戦『M-1グランプリ』決勝が開催され、ミルクボーイが15代目王者の座に就いた。2位はかまいたち、3位はぺこぱだった。

当日の夜には、決戦を前に名古屋グランパスの太田宏介選手がツイッターを更新して、「頑張れ!!!#ぺこぱ」と声援を送った。実は、ぺこぱのボケ担当シュウペイさんと太田選手は、高校のサッカー部で同期だった

ぺこぱの出番が近づくなか、太田選手は「M-1グランプリ決勝!ぺこぱのシュウペイは高校サッカー部の同級生!遂にここまで来たか」と感慨深げにつぶやいた。

小林悠も同級生 卒業から10年以上経っても続く友情

ぺこぱは2008年にボケのシュウペイさん、ツッコミの松陰寺太勇さんで結成された。2019年1月には、ナインティナインが司会を務めるテレビ番組『おもしろ荘で優勝する。この番組からは過去にオードリーなどがブレイク。若手芸人の登竜門的な位置づけで知られる。

『おもしろ荘』の前には川崎フロンターレの小林悠選手もインスタグラムを更新して、シュウペイさんを応援した。小林選手も太田選手、シュウペイさんと同じサッカー部で同級生だった。

 

この投稿をInstagramで見る

 

高校サッカー部忘年会 昨日は高校のサッカー部の忘年会がありました^_^⚽️ 卒業して10年以上経つのにこれだけのメンバーで集まれるのはとても仲が良かった証拠だと思います😊 同い年にはFC東京の太田宏介や、今年までギラヴァンツ北九州でプレーしていた小野寺 達也など、プロに出た選手が僕を含めて3人います。 そんな中サッカーとは違う形で大物になろうとしている仲間も😎 今年の年末にやるナインティナインさんがやる番組、ぐるナイおもしろ荘2019になんと!僕の同級生のシュウペーくんが出ます😄 (写真の正面から見て僕の右隣です) 『ぺこぱ』というお笑い芸人なんですけど、本当に面白いので是非応援してくれると嬉しいです☺️ 同級生にたくさんの刺激をもらえた1日でした😄👍

小林悠(@kobayashiyu11)がシェアした投稿 –

『おもしろ荘』で優勝したぺこぱだが、そのまま順調に人気者にとはいかなかった。所属していたオスカープロモーションお笑い部門が閉鎖し、ぺこぱら所属芸人の大半はフリーランスに転身。

これからというときに所属先がなくなったぺこぱ。救いの手を差しのべたのは先輩芸人のカンニング竹山さんだった。AbemaTVで放送された『カンニング竹山の土曜The NIGHT』で共演した竹山さんが、放送中に「うちに入れ」とサンミュージック入りを打診。後に正式にサンミュージック所属となる。

「ノリツッコまない漫才」で令和最初のM-1に爪痕を残す

ぺこぱは決勝で「ノリツッコまない漫才」を披露。ジュンペイさんのボケに対し、従来のように否定したり激しく叩いたりするのではなく、ツッコミの松陰寺さんが受け入れてポジティブに返す芸風に注目が集まった。

最終決戦ではミルクボーイが審査員7人中6人から票を集めて圧勝したが、ぺこぱの漫才にはSNSで好意的な声が多く寄せられた。

  • ツッコミやいじりが苦手でお笑いをあまり見ないのですが、攻撃的な演出が無くても面白い漫才は出来るんだなぁと思いました
  • 人間って人の意見を否定する人が多いけど、肯定的な所が見ていて気持ちいい
  • なんとなく元気が貰えるような漫才でした!

太田選手は決勝が終わってからもツイッターを更新。「5040組中の3位!凄すぎるよ!夢見させてもらった!お疲れ様!」とぺこぱを讃えた。

≪関連記事≫

「今世紀最大のポンコツエピソード」と頭を抱える小林悠……失敗談は家族仲の良さのあらわれ?

元サッカー選手・近藤岳登、「吉本坂46」の3次選考に進む!INAC神戸、太田宏介、大久保嘉人などサッカー界から応援の声

太田宏介と長谷川アーリアジャスールがユニフォーム交換!数年経っても変わらない友情が熱すぎる

川崎F・小林悠、子供に踏まれる「重さがちょうどよくて」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします