松田瑞生が大阪国際女子マラソン優勝 五輪へ大きく前進「諦めずにやり続けてよかった」

(c)Getty Images

大阪国際女子マラソンが1月26日に行われ、松田瑞生選手が日本歴代6位となる2時間21分47秒で優勝した。

このレースで無理だったらやめていいと思うぐらい練習してきた」と話す松田選手は、好記録で2年ぶり2度目の優勝を果たし、東京五輪にも一歩近づいた

沿道からの「松田、東京五輪」で気合い

女子マラソンの東京五輪代表は、昨年9月の『マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)』で3枠中2人が決定し、残る1枠を大阪国際女子マラソンと3月の名古屋ウィメンズマラソンで争う形になった。

日本陸連が派遣基準に設定したタイムは2時間22分22秒。この記録よりも速く走った選手のなかで、最もタイムの良かった1人がマラソン代表に選ばれる。

まずは絶対に2時間22分22秒を切らなければならない松田選手。ハイペースで進むレースに有力選手たちが次々に脱落、または棄権していくなか、先頭集団で積極的にレースを引っ張る。ミミ・ベレテ選手(バーレーン)との一騎打ちでは31キロ過ぎからスパート

さすがに終盤はペースが落ちて「ヤバいと思った」と振り返るが、沿道からの「松田、東京五輪」の言葉に気合いが入った。

地元・大阪の声援に背中を押され最後は独走でゴール。2018年のベルリンマラソンで記録した2時間22分23秒の自己ベストを大幅に更新した。

MGCでの敗戦を乗り越えて有力候補に

MGCでは4位に敗れ五輪出場が遠ざかった。懸ける思いが強かっただけに落ち込みも激しかったと言うが、自力で可能性を手繰り寄せた。

松田選手は「2019年、本当に苦しかった」とインスタグラムを更新した。

やけど、それが無ければ今は無かったと思うし諦めずにやり続けてよかったな…そう思ってます!

MGCで代表入りを逃し、落ちこんだ自分を励ましてくれた人々に感謝しながら、選考レース最後の大会「名古屋の結果を静かに待ちます」と代表入りを願う。

また、ツイッターでは「先頭を走ることよりも新谷さんと走れることが何よりの幸せでした!」と、この大会でペースメーカーを務めた新谷仁美選手の存在にも触れている。

新谷選手は今年1月にハーフマラソンの日本新記録を樹立。大阪国際女子マラソンでは速いペースでレースを引っ張り、好タイムに一役買った。

≪関連記事≫

前田穂南、MGC優勝から一夜明け会見 序盤から崩さず「ガツガツ行かないように」

鈴木亜由子、マラソン経験2度目で挑んだMGCは「練習通りの結果になった」

鈴木亜由子が厳しい展開でも掴んだ東京五輪 「あそこで着いていったら今日の結果はなかった」

前田穂南がMGC優勝 競技以外にブレない“強さ”


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします