ASMクレルモン・オーヴェルニュが松島幸太朗を日本語で歓迎「ようこそクレルモンへ!」

ラグビー日本代表の松島幸太朗選手は、今シーズンのジャパンラグビートップリーグ終了後に、フランス・トップ14ASMクレルモン・オーヴェルニュへ移籍することが決定している。

昨年の『ラグビーワールドカップ2019日本大会(W杯)』で大活躍した松島選手は、4年後の2023年フランスW杯に向け、さらに成長するため「高いレベルそして強いクラブでやりたい」という気持ちと「自分が求められているところに行きたい」という思いから、海外挑戦を決めた。

クレルモン公式サイトが日本語の記事を公開

1月28日に日仏同時発表された松島選手の移籍。新天地となるクレルモンは2月3日に「松島幸太郎、ようこそクレルモンへ!」とツイート。公式サイトも更新して全文日本語の記事を公開した。

クレルモンは「世界中のクラブチームがもっとも欲しがるプレーヤーの1人である松島を説得することに成功した」と、松島選手の獲得が大きな成果であることを強調。

W杯での活躍に触れながら「彼の切り裂くようなラン、火を吹くようなステップは、ラグビー界を沸かせた」とプレーを称賛した。

トップ14とは

フランス国内1部リーグ「トップ14」に所属。トップ14は1892年創設と歴史が古く、世界最高峰のプロリーグと目されている。興行的にも大きな成功を収めており、年間王者を決める決勝戦は約8万人の観客を集める。

クレルモンは準優勝10回、2010年に初優勝を経験。直近では2017年にも優勝している。

≪関連記事≫

松島幸太朗「まだまだこのチームは成長できる」 神戸製鋼に逆転負けも前向きに

流大、松島幸太朗が先発 トップリーグ・サントリー対NTTコムは日テレが地上波で中継

井上尚弥、松島幸太朗が富樫勇樹の試合を観戦 トップアスリート間での交流

松島幸太朗、有言実行していた 高校時代に「2019年ワールドカップに出る」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします